fc2ブログ

髪処禅のお気楽ブログ

美容室「髪処 禅」店主の仕事以外のことを書いているブログです。ゆる~く読んで頂けたら嬉しいですっ。

02<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>04

北アルプス裏銀座ルートを歩く 1日目 その2

その1で、日本3大急登のブナ立ち尾根を登り、烏帽子小屋に到着。その続きです。

高瀬ダムは1270m、烏帽子小屋は2551m、登る距離も長いが、標高も上がってきたぞ。

烏帽子小屋に荷物を置き、必要な物だけ持ち、烏帽子岳へ向かう。10:19頃出発
IMGP4770.jpg
中央の高い頂が烏帽子岳。手前の間違えやすい、ニセ烏帽子岳より。

IMGP4779.jpg
烏帽子岳山頂直下。この坂を上ると頂上へ。岩峰の山だけに最後だけ険しい。

 IMGP4780.jpg
ほぼ垂直の壁を登ります。隣で登っていたお姉さんをモデルに。こう見ると、様子がよく分る。

 IMGP4781.jpg
多少の崖を登ると、今度は崖を横にトラバース(横切る)。慎重に行けば平気ですよ、何せ自分は高所が苦手ですからね。

IMGP4793.jpg
烏帽子岳山頂、2628mに到着、10:55。山頂はとっても狭く、一人が乗れる程度。

IMGP4792.jpg
烏帽子岳山頂から下を見ると、スタート地点方向の高瀬ダムが見えましたよっ。
山頂にいた人達としばし雑談をして、烏帽子小屋へ戻る。

お湯を沸かして、スープを作ったり、おにぎりも食べてひと休み。

IMGP4764.jpg
小屋から食事をして見ている方角(西方向)には、読売新道にある赤牛岳(かな)がよ~く見えていた。写真は多少望遠して撮りました。

IMGP4803.jpg
休憩し、お腹も満たされ、12:27烏帽子小屋を出発。相変わらず、頭痛は止まらない状態。
でも平気そうだから、進むことに。無理をしてはいけませんが、この程度なら行けると判断。

IMGP4808.jpg
裏銀座縦走コースをひたすら進む。山の稜線のアップダウンを繰り返して進んで行く。

IMGP4820.jpg
三ッ岳山頂に13:43到着、2844,6m。
様々なピークをどんどん過ぎて進む、ピークハントを繰り返していくことに。
写真右奥には、ようやく槍ヶ岳の姿を確認できたぞっ。

IMGP4832.jpg
とにかく天気のいい裏銀座の稜線。
趣を変えて、渋めの色で先の様子を撮ってみたりも。
この先で、展望コースとお花畑コースに分かれる。迷わず展望コースへ。

IMGP4838.jpg
展望コースのピークより。
左奥には、槍ヶ岳。真ん中のピークが野口五郎岳、右の奥には黒部五郎岳。
今回行けたら、黒部五郎まで行って、戻ってこようかと。届くかなぁ。

さらにまた登り、地図ではあと少しなのだが、いよいよ体力がキツクなってくる。
ここに来て、「何で登りに来てしまったのだろうか、ただの修行、苦行ではないか」と思い出す。
ホントに、ラストは辛かったのですよねぇ。

IMGP4848.jpg
やっとの思いで、本日宿泊予定地である、野口五郎小屋に到着、15:56。
朝に登り始めてから、約11時間半経過しての到着でした。

IMGP4851.jpg
泊まる部屋の様子。小さい小屋なので混雑していたが、1人1枚の布団で寝れてひと安心。
寝たのは下の1の場所。

IMGP4853.jpg
夕食まで外で談笑する人達。太陽の光が眩しいっ。

IMGP4866.jpg
夕食後、太陽が沈むのを山の上から見るのが大好きなので、小屋から少し登って見てました。
この時間だと寒いから、上にはフリースやダウンは必要ですよ。



日が完全に落ちてからは、知らなかったが流星群が来てるようで、外で流れ星を観察。
見てると、あっという間にいくつも見れてラッキー。

さらには、やけに星に詳しい人がいて、星のことをあれこれ教えてもらいました。
山は色々な人がいて、様々な出会いがあるから、それもまた楽しいのですよね。

やっぱり来て良かった、最高だな。

2日目へつづく



関連記事

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://kamidokorozen.blog111.fc2.com/tb.php/639-0d6e0bca

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

kamidokozen


トップページ←はこちらへ


長野県長野市川中島にある美容室
髪処禅」の店主です。

大きな地図←はこちらからどうぞ

ご意見・ご感想・ご質問・ご提案などありましたら、
とっても嬉しいので下記からどうぞ。参考にさせて頂きますっ!
(ただし必ずしも全てにご返信できるわけではありませんのでご了承下さい、確実に目は通していますので)
kamidokoro-zen@amber.plala.or.jp


リンクはフリーですのでお気軽にっ。

ツイッター

検索フォーム

QRコード

QRコード