FC2ブログ

髪処禅のお気楽ブログ

美容室「髪処 禅」店主の仕事以外のことを書いているブログです。ゆる~く読んで頂けたら嬉しいですっ。

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06

剱岳を制覇した1

剱岳を制覇してきた。

剱岳で検索したウィキペディアによれば、
日本国内で「一般登山者が登る山のうちでは危険度の最も高い山」とのことである(←今知った)

登山口の馬場島から早月小屋まで4時間40分、さらに剱岳頂上まで3時間半というコースタイム。
標高差2200mをひたすら登り、上部は北アルプスらしい危険な岩場も。
登頂後は同じ道を下まで降りてこなければならないし、途中に水場は一切無し。さらには早月小屋も終了している。

でも、少し前に登った燕岳で出会った富山人が「朝早く出れば、日帰り可能」と言っていたので、
それならと思い向かったのだった。念のために水を4リットル強持って登ることに。

PA151936.jpg
早月尾根入り口から、朝6時、登りだす。
本当はもう1時間ほど早く登り出す予定だったのだが、2度寝しちゃってこの時間に。登山口の標高は760m

イメージとしては8.3キロ先の、PA151953.jpg
今いる場所から上空2200mを目指す感じ。あなたの地域でイメージを。

酒井の営業している髪処禅近く、長野市川中島の今井駅の標高が約360mだと考えると、今井駅から善光寺本堂(標高約400m)まで歩いて行って、その善光寺の本堂が今ある場所の55倍上空にあり、そこへ行くイメージかな(余計に分りにくい)。

登山道は全部急。登りだしからいきなり急登なのだが、
PA151951.jpg
こんな看板が要所にある。

PA151952.jpg
早月尾根の1400m地点からの富山側の景色。

PA151954.jpg
1600m地点の景色。紅葉がキレイだなぁ。

今まで登ったどの登山道よりも急で長く、しかも木の根っこが出ていて、とてつもなく登り難い。

PA151973.jpg
9時、ようやく早月小屋を発見っ。
ここまで3時間、普通の山なら山頂についてもいい時間。
この時点でかなりお疲れ状態に。

PA151975.jpg
標高2200m早月小屋。冬支度をしてあり、閉まっている。

PA151978.jpg
小屋の前にあったドラム缶の上の水が、凍っていたよ。

PA151982.jpg
しばし、小屋の前でエネルギー補給。

PA151983.jpg
さーて残り2.9キロ、もうひと踏ん張り、頑張らねば。

PA151985.jpg
さらに少し登ると、先ほどの早月小屋と尾根が見える。

PA152000.jpg
困ったのが雪。登山道にも雪が出てきて、とにかく滑る。これでもかって位に慎重に登る。ルート上、日陰が多くて踏み固められて氷になっていたりも。

PA152009.jpg
鎖、ロープを使って登る。
雪さえなければ、急なだけで滑らないのだが、ここらから鎖がないと雪の為登れない。

PA152015.jpg
剱岳の山頂がかなり近くなってきたよ。

PA152026.jpg
いよいよ、岩と鎖と雪の危険地帯に突入。

PA152027.jpg
今通ったところを振り返る。雪さえなければ、写真ほどは怖くない。

PA152028.jpg
剱岳山頂直下より南方向。うーんキレイっ。

PA152031.jpg
思っていたよりも、鎖場が長い。
3点支持を心がけて、登る。
10月15日だがこの時期雪が降ると、余計に時間が必要なので、もし行く場合にはご注意を。

bunnki.jpg
別山尾根ルートと早月尾根の分岐点に到着。鎖はここまで、山頂まであともう少しっ。

2へつづく



関連記事

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://kamidokorozen.blog111.fc2.com/tb.php/472-bfb215f9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

kamidokozen


トップページ←はこちらへ


長野県長野市川中島にある美容室
髪処禅」の店主です。

大きな地図←はこちらからどうぞ

ご意見・ご感想・ご質問・ご提案などありましたら、
とっても嬉しいので下記からどうぞ。参考にさせて頂きますっ!
(ただし必ずしも全てにご返信できるわけではありませんのでご了承下さい、確実に目は通していますので)
kamidokoro-zen@amber.plala.or.jp


リンクはフリーですのでお気軽にっ。

ツイッター

検索フォーム

QRコード

QRコード