fc2ブログ

髪処禅のお気楽ブログ

美容室「髪処 禅」店主の仕事以外のことを書いているブログです。ゆる~く読んで頂けたら嬉しいですっ。

02<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>04

白馬乗鞍岳に登ってみたぞ その2

白馬乗鞍岳に登っている途中の天狗原まで来まして、いよいよさらに上に向かいます。

P4027998.jpg
これから向かう方向(山頂)は分っているのだが、実はどこを登ればいいのか知りません。でもよ~く見てみると、人が3人登っていました(写真赤の点の横にうっすら)。

ならばと自分も後を追ってみることに。

P4028002.jpg
靴擦れができそうだったので、靴を脱いで絆創膏を貼っていたら、ロープウェイが同じだった人と合流。しばし話して先に進んでいったので、後をまたつけさせて頂くことに。

猛烈な風で、絆創膏をしているときに素手で作業していたら、冷えて手の感覚が無くなりかなりのピンチにも。汗をかくので薄手の手袋で登っているのだが、状況次第では早めに道具のチェンジも必要ですね。

さらに急な斜面を登るのだが、雪の表面が凍っている場所もあり、自分のシールだけでは(激風もあり)後ろに滑り落ちるので、板を外してリュックにつけてスキーブーツで登ることにも。

凍った斜面に靴の先を打ち込んで、1歩1歩慎重に登る。リュックにつけた板が風であおられて、体ごと急斜面から落ちそうになるのを、どうにか堪えながら、ゆっくり登ります。いや~ホントに怖かったぁ、よかったよ落ちなくて。

P4028004.jpg
どうにかこうにか、山頂らしき広い平らな場所に出る。天狗原から距離は短いのだが、1時間半近くかかった。あまりに風が強い時間が多く、ほとんどその場で堪えていることが多かったのでかなりのスローペースですが、念願の登頂。

ただし、頂上のしるしで標高○○メートルと書いてあるのを発見して写真を撮りたかったのだが、風で前もよく見えないし、リュックも板も支えてないと飛んでしまいそうだったので、とりあえず着いた場所で下山準備。

それでも周辺の様子を見たいので、リュックなどを飛ばない場所を発見してから、岩に登って風から耐えられる安定した場所に行き、写真をとってみたりも。下の写真はその場所での1番上から下を向いての様子。

その後、板のシールを剥がして、滑るモードへ突入っ。

P4028011.jpg
しかし、まぁ、それでも、この未だかつて経験したことの無い強風の中、まだまだ登って来る人はいましたよ。みんな、よくだねぇ~(お前もな)。

滑り始めたのだが、風で雪面が削られて(風紋が出来ていた)、ボッコボコやガリッガリしていたりと変化の激しい山頂付近。少し下った雪のいい場所まで移動し、いざ滑り開始っ。

P4028014.jpg
上から、ものの数分でまた天狗原に戻る。上の写真を撮っていた場所は赤矢印のとこから。

P4028015.jpg
天狗原から少し下った場所より。赤い印が大体の車の場所。でも遠いように見えて、滑るとあっという間なんですよね~。

P4028017.jpg
さらにもう少し下った風の無い場所でお昼。気がつけば1時を過ぎていたようで。

持参した行動食とカップ麺を。ただ、お湯を沸かしていたら、途中でガスがなくなりやや温かいお湯にしかならず、カップ麺の時間を延長して6分以上置いてから食す。かなりぬるいが何とか食べられる温度のギリギリの感じ。でも外で食べるって気持ちいいなぁ。

しばしの休憩をした後は、下まで滑って無事下山。怪我も泣くてよかった~。風が強いのは上のみで、下のゲレンデにくれば、また雪のコンディションも違い、春の雪全開。

今回は上まで行ってこれたので、満足して帰ることができまいした。風でかなり怖く、(もともと無い)自分の能力限界近くまで追い込まれたのですが、それが故にやりきった感の強い登頂となりました。

楽しかったので、また別の場所で遊びつつ練習しつつ、経験値を上げて行きたいな。

関連記事

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://kamidokorozen.blog111.fc2.com/tb.php/363-7492e3aa

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

kamidokozen


トップページ←はこちらへ


長野県長野市川中島にある美容室
髪処禅」の店主です。

大きな地図←はこちらからどうぞ

ご意見・ご感想・ご質問・ご提案などありましたら、
とっても嬉しいので下記からどうぞ。参考にさせて頂きますっ!
(ただし必ずしも全てにご返信できるわけではありませんのでご了承下さい、確実に目は通していますので)
kamidokoro-zen@amber.plala.or.jp


リンクはフリーですのでお気軽にっ。

ツイッター

検索フォーム

QRコード

QRコード