FC2ブログ

髪処禅のお気楽ブログ

美容室「髪処 禅」店主の仕事以外のことを書いているブログです。ゆる~く読んで頂けたら嬉しいですっ。

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06

ウィーンの街を歩く6

早朝からウィーンの街を散歩中。

気になった建物があり行ってみると、
Collage_Fotor5.jpg
カールス教会でした。
女帝マリア・テレジアの父カール6世が、
ペストの鎮静を祈って建てさせました。
内部にも入れるようで、
現在は修復のために組まれた足場によって天井近くまでいけるのだとか。

近くにウィーンの歴史にちなんだ品々が並ぶウィーンミュージアムもありましたよ。

しばらくこの教会の前のベンチで地図を開いてひと休み。
ホテルからここまで歩いてきましたが、
すでに街の中心にさしかかっているので、
せっかくならとまた中心地周辺を見ることに。

P5261405.jpg
インペリアルを発見。
19世紀に建てられた公爵の館を、
皇帝フランツ・ヨーゼフ統治下の1873年に迎賓館兼ホテルに改造。
日本の天皇皇后両陛下も宿泊された、最高級ホテル。
ここの朝食が7時からだから、
「来ようかなぁ」と思って場所だけ下見。

トラムが動き出す時間になっていて、
時間の節約に乗っていた途中、
P5261417.jpg
国会議事堂が見えました。
ギリシアで検知を学んだ建築家テオフィル・ファン・ハンセンの代表作。
中心に建っているのはアテナの女神像。
内部をガイドツアーで見学できるようですよ。

P5261424.jpg
ヴォティーフ教会。
1度夕方にシルエットは見たけど、気になって近場まで。
フランスの大聖堂を手本にしていて、
1856〜1879年に建設。
それにしても今回のウィーンで1番ゴミが散らかっていた場所でした、
前日何かあったのかね?。

さらに中心方向へ進み、
P5261435.jpg
ショッテン教会を通過。
中には絵画がたくさんあるようです。
何度か改修はされていますが、
元々は13世紀にロマネスク様式の教会として建てられたようで、
現在はバロック様式の教会となる。

Collage_Fotor6.jpg
有名ブランド街を通過。
朝の6時半頃だけど1人の掃除のおじさん以外誰もいない。
人がいない街は建物がより美しいですね。
金色の塊がのっているように見えるのは、ペスト記念柱。

P5261456.jpg
そのままグラーベンを歩いていると、
何度目かとなる、シュテファン寺院が見えてきた。
人がとっても少ないから行ってみようかな。

←前へ  次へ→

関連記事

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://kamidokorozen.blog111.fc2.com/tb.php/1016-6f4d4d9a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

kamidokozen


トップページ←はこちらへ


長野県長野市川中島にある美容室
髪処禅」の店主です。

大きな地図←はこちらからどうぞ

ご意見・ご感想・ご質問・ご提案などありましたら、
とっても嬉しいので下記からどうぞ。参考にさせて頂きますっ!
(ただし必ずしも全てにご返信できるわけではありませんのでご了承下さい、確実に目は通していますので)
kamidokoro-zen@amber.plala.or.jp


リンクはフリーですのでお気軽にっ。

ツイッター

検索フォーム

QRコード

QRコード