FC2ブログ

髪処禅のお気楽ブログ

美容室「髪処 禅」店主の仕事以外のことを書いているブログです。ゆる~く読んで頂けたら嬉しいですっ。

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06

ウィーンの街を歩く3

ザッハーのカフェやお土産を買った後、
再びウィーンの街歩きを再開。
ハプスブルグ帝国の繁栄を伝える豪華な建物を見ていきます。

P5251161.jpg
ヨーゼフ広場のヨーゼフ2世の騎馬像。

P5251166.jpg
王宮の壁の彫刻。
素晴らしいですね、筋肉の質感などもしっかりと。

P5251167.jpg
王宮を正面から。
ハプスブルグ家が13世紀後半から1918年まで、
約600年以上にわたって住居にしてきた王宮です。
増改築を繰り返し、かなりの規模に。
18の棟が複雑に入り組み、2500以上も部屋があるのだとか。
手前がミヒャエル広場ですが、
穴が空いていて古代ローマ遺跡の後が見えます。
みんなのぞいていましたよ。

王宮の見学時間が終わっていたのもあり(写真は18時半)、
そのまま中心の門を通過していくと、
P5251192.jpg
新王宮の前にでます。
見えているどうぞうはオイゲン公騎馬像。
中央の馬車に乗って観光もいいなぁ。

P5251195.jpg
ヘルデン広場に(Heldenplatz)にある広場。
ワン子も自由に過ごせるようで、思い思いにのんびり過ごしていました。
このウィーン街歩き3と4の歩いた場所をササッと撮影した動画ですが、
それを繋げた物がその4にありますが、この場所も出てきます。

P5251199.jpg
グーグルマップで現在位置を確認しつつ進む。
紙の地図も持っていますが、両方見ればより便利。

スマホを見ていたのは、

ここの道路の信号待ちの場所。
この地図の周辺を歩いている最中。

P5251202.jpg
マリアテレジア像。
16人の子供を産んでいまして、
そのうちの1人がマリー・アントワネット。
この像を挟んで左右に同じ建物があるのですが、
自然博物館と美術博物館になっています。

P5251213.jpg
ミュージアムクオーターの入り口。
王宮からここまで一直線の道のり。
ヨーロッパ最大級のアートセンターとなっています。
この奥の中庭に書く美術館の建物が建っています。

10以上のもモダンな美術館やギャラリー、
イベントホールがありますがその1つ、
P5251216.jpg
mumok,どっしりした石館。
時間はこちらも間に合わず外のみ。

街並みをでも外から見てるだけでも楽しいから、
もう少し散歩をしてみます。

←前へ  次へ→

関連記事

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://kamidokorozen.blog111.fc2.com/tb.php/1011-b7417693

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

kamidokozen


トップページ←はこちらへ


長野県長野市川中島にある美容室
髪処禅」の店主です。

大きな地図←はこちらからどうぞ

ご意見・ご感想・ご質問・ご提案などありましたら、
とっても嬉しいので下記からどうぞ。参考にさせて頂きますっ!
(ただし必ずしも全てにご返信できるわけではありませんのでご了承下さい、確実に目は通していますので)
kamidokoro-zen@amber.plala.or.jp


リンクはフリーですのでお気軽にっ。

ツイッター

検索フォーム

QRコード

QRコード