FC2ブログ

髪処禅のお気楽ブログ

美容室「髪処 禅」店主の仕事以外のことを書いているブログです。ゆる~く読んで頂けたら嬉しいですっ。

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

久米路峡を散策

休みの日の昼。
PA270544.jpg
信州新町の道の駅へ。
新そばの時期になっているかと
そばを食しに登場。

PA270537.jpg
鴨なんばんそばを選択。
近いので何度も来ている新町道の駅。
色々試していまして、まだ食べてなかった鴨なんばんに。

その後野菜などを買って帰ろうかと思っていたのですが、
食後の休憩をかねて近くの久米路峡へ寄って帰ることに。

PA270546.jpg
久米路峡に到着。
19号線をそのまま進むとトンネルを通ってしまい、
「久米路峡ってどこ?」となりますから注意。

駐車場も最近でしょうか?できていまして、
その近くには「久米路第二河川トンネル」の竣工記念碑や
PA270549.jpg
泉小太郎と犀龍の像がありました。

PA270548 のコピー
犀川って、だから犀川って言うんですね。

PA270550.jpg
久米路峡。
長野県民ならみんな知っている
県歌「信濃の国」にも「心して行け久米路橋」と出てくるのがこの場所。

PA270555.jpg
久米路峡は車では何度も通っているのですが、
ちょこっと上に行けるとは知らなかった。
せっかくなので登ってみることに。
PA270560.jpg
左に少し見えるのが久米路橋。

PA270558.jpg

PA270561.jpg
佐久間象山お手植えの楓。

19号線を通るときは、
ちょこっと見るといいかもしれませんよ。



関連記事
スポンサーサイト



近所の秋を

髪処禅の周辺はボチボチと木が秋の色に変わってきました。
近場の秋の気配

それならと、気持ち店から範囲を広げて周辺をサイクリングしてみることに。
赤なら赤色のみ出すように写真を撮り変化を記録してみましたよ。

PA200543.jpg
今井駅前。
一番多かったのは赤。

PA200527.jpg
この時期イチョウが綺麗な道へ。

PA200530.jpg

別の場所へ移動すると
PA200531.jpg
リンゴの木があちこちに。

PA200532.jpg
リンゴ地域。

PA200533.jpg
少し登ってリンゴ畑。

PA200538.jpg
黄色のリンゴも沢山ありましたよ。

PA200536.jpg
晴れていたから、空色も。

PA200542.jpg
街路樹も赤へ。

色の変化を注目して自転車のペダルを漕ぎましたが、
あちこちで秋の様子が感じられました川中島でした。


関連記事

キノコを取ろう

子供の頃から当たり前にように秋はキノコをよく食べます。
買ってきた物ではなく、採ってきた山のキノコを。

採ってくるのは親父がほとんどですが、
そろそろ自分でも覚えようと、
一緒に採りに行くことに。

IMGP1695.jpg
山に入ってキノコを探す。

IMGP1702.jpg
キノコ発見。
どこにあるか分かりますか?答えは下にありますよ。
葉っぱと見間違えたり、気がつかなかったりなども。
かなりキョロキョロしながら歩いているんだけど、
分からないこともあるのです。

IMGP1718_Fotor_Collage.jpg

IMGP1710_Fotor_Collage.jpg
キノコを発見しては「これは何?(食べれる)」と聞きつつビクへ。
自分一人でも判断できるようになりたいなぁ。

IMGP1747.jpg
約3時間ほどキノコ採りをした結果。
久しぶりのキノコ採りでしたが、多少でも採れてよかった。

IMG_5512.jpg
家で種類ごとにキノコ分け。
同じキノコでも、
取れる場所によっては全然違う形をしていて、
覚えるのはとっても大変。
毒キノコ食べないように、
とりあえず分かるキノコだけ採るようにしてみよっと。

IMGP1702 のコピー
上の「キノコどこ」クイズの答え。
赤丸の場所にキノコがありますよ。

何度も行かないと覚えなそうだけど、
とりあえず色々写真や動画で記録はしてみましてた。
食べ方色々ありますが、
夜はキノコ鍋をして美味しく頂いたのでした。



関連記事

川中島古戦場の花火

2015・10・10は川中島古戦場祭りの花火大会がありました。
夜に髪処禅で仕事をしていても、
「ドド〜〜ン、ババ〜ン」と音がする。
その他もあちこちでこの時期お祭りでしょうか、
夜になると花火の音が聞こえます。

聞こえるたびに気になって外を見ますが見えず。
でも、この古戦場の花火は店の前からも確認可能。

PA100474.jpg
よりよく見えればと思い、三脚を使って一番高い屋根の上によじ登る。
屋根上からは電柱のすぐ横から見える角度でいまいちでしたけど。

PA100476.jpg

PA100469.jpg

PA100478.jpg

見れたのは短時間でしたが、
やっぱり花火はいいですよね。

関連記事

白馬乗鞍の朝日〜蓮華温泉へ

起床時間から2度寝をし30分遅れて起床、
日の出を見ようと白馬乗鞍へと向かう
続き。

PA060394.jpg
白馬大池方向を見ると、雪倉岳が赤く染まり出す。
いかん、朝日が出てきたぞっ。

PA060399.jpg
白馬乗鞍の山頂へギリギリ到着、
というかギリギリアウトでしたけど。
しばらく日の出を楽しみます。

PA060410.jpg
徐々に太陽が昇りはじめます。
ここ白馬乗鞍は山頂がなだらかで、最高地点はロープの先。
この山頂は栂池スキー場からゴンドラ、ロープウェイを乗り継ぎ、
そこから登っても来れますよ。
白馬乗鞍へ登る

朝日を堪能し、テントに戻ります。

PA060417.jpg
朝の白馬大池、今日もいい天気になりそうだぞっ。

PA060425.jpg
テントに戻って朝食のラーメン、6:50。
テント泊の多くの人はこの時間にはすでに出発。
自分は下山のみなのでのんびりと。

蓮華温泉までは下山コースタイムで2時間。
用意をして出発。

PA060443.jpg
下山途中、日陰はしっかり霜が降りていました。
落ち葉も多く濡れて滑るなぁ。

IMG_5500.jpg
天狗の庭。
昨日の朝より今日は山がよく見えますね。
昨日の様子
右奥には糸魚川市の海や町も見えましたよ。

PA060446.jpg
秋の紅葉シーズンは登りよりも下りが綺麗。
下りは葉の上から見れるからでしょうか?。

PA060449.jpg
蓮華温泉、野天風呂周辺の景色。
ここが1番綺麗に紅葉していました。
よ〜く見ると入っている人の姿も確認できましたよ。

PA060459.jpg
蓮華温泉のテント場へと続く道。
2015年は10月6日でちょうどこの辺りが見頃。

蓮華温泉までは車でかなり山道を走り、
しかも道もクネクネしつつ、すれ違いが困難な箇所もあります。
この時期対向車も来ると思って運転するのが安全。
何台も対向車がカーブではみ出して突っ込んで来ましたから。

外湯以外にも内湯もあるので、
山に登らなくても秘湯に入りに行ってもいい場所ですよ。

関連記事

白馬大池の夕方〜朝

白馬岳山頂まで行きまして
そこからピストンで白馬大池まで戻る
続きです。

PA050351.jpg
白馬大池山荘に16:45に到着。
すっかり夕方の雰囲気ですね。


白馬大池からの夜になっていく様子。

IMG_5490.jpg
暗くなるとご飯を作る作業が大変でして、
夕暮れをのんびり見ることなくご飯作り。
野菜鍋とジンギスカンを焼く、
最後に鍋にお昼の残りにチャーハンおにぎりを投入っ。

朝になると水道が凍る予想でして、
夜のうちに水は汲んでおきましたよ。

すっかり暗くなりまして、
ガスがなく星が見えていまして、
しばし外で星を見る。
今年何度かテント泊をしましたが、
いずれもあまり星が見えなかっただけに、
今回は見れて感激。

PA050377.jpg
天の川も見えました。

PA050369.jpg
北極星を中心にグルグルと。
寒くてカメラのレンズがしばらくすると水分が凍り、
曇ってしまい長時間露光はこのあたりが限界。
本気で撮るにはレンズに巻くヒーターがあるといいんでしょうね。

PA050358.jpg
白馬大池テント場と星。

持ってきた服を着れるだけ来て、寝袋へ。
それでも3時頃には足の先が冷たくて起きました。
この時期は荷物も増えるし寒くいですが、
そこをあえてテント泊するのがまた良かったり。

PA060382.jpg
朝、2度寝しまして30分寝坊。
もう少し明るくなってきちゃった。
慌てて用意をして、
朝日を見るべく近くの白馬乗鞍の山頂へ。

PA060385.jpg
白馬大池が鏡のようになって山を映す。

PA060387.jpg
白馬乗鞍の山頂へと続く道。
近くと言っても5分とかではつかないから、
朝日が出る時間との勝負。

PA060388.jpg
白馬大池方向へ振り返ると、なんとも言えない空の色。

さて朝日に間に合うのか?

続く。


関連記事

白馬岳へ3

白馬大池から小蓮華山まで登ってきまして、
お昼休憩
からの続きです。

小蓮華山でのんびり50分ほど休み、
コースタイムを考えつつ12:50、
もう少し白馬岳方面へ行ってみることに。

PA050272.jpg
白馬岳への稜線を進みます。
中央に見えるが白馬岳。

PA050282.jpg
三国境に到着、13:24。
長野、富山、新潟の分岐点となります。
さてここから白馬岳まではコースタイムで60分。
三国の分岐点にとても興味がありまして、
ここまででも満足。
でも暗くなるまでには白馬大池に戻れそうな感じなので、
もうひと頑張り山頂まで向かいますっ。

PA050287.jpg
ちょこっと急な場所もありますが、
白馬大池〜白馬岳の縦走コースは危険箇所はほぼありません。

PA050306.jpg
白馬岳山頂に到着っ、14:03。
前に白馬大雪渓を登って白馬岳に来たことがありますが、
白馬三山を縦走する
天気が悪く、2回目の今回は天気がよくて何より。


白馬岳山頂からの様子。
風が強くて、ビュービュー言っていますね。

PA050301.jpg
白馬岳山山頂のスグ下にある白馬山荘が見えています。

思ったよりも早く山頂に着いたので、
しばし景色を見ていると後ろから来ていておばちゃんが、
「今日って山荘やってるよね?」と聞いてきます。
「やってますよ」と答えましたが、
そんな最低限のことも調べもしないでここまで来るとは…、
危ないですよ、本当に。
こんな人も増えているんでしょうかね?。

PA050297.jpg
さてしばし山頂で景色を堪能し、白馬大池山荘に向けて出発っ。
見えているのは小蓮華山、
白馬岳山頂から白馬大池は見えません。

PA050333.jpg
だいぶ戻ってきてやっと白馬大池を目視。
さてもう少しで到着です。

続く。

関連記事

 | ホーム |  »

プロフィール

kamidokozen


トップページ←はこちらへ


長野県長野市川中島にある美容室
髪処禅」の店主です。

大きな地図←はこちらからどうぞ

ご意見・ご感想・ご質問・ご提案などありましたら、
とっても嬉しいので下記からどうぞ。参考にさせて頂きますっ!
(ただし必ずしも全てにご返信できるわけではありませんのでご了承下さい、確実に目は通していますので)
kamidokoro-zen@amber.plala.or.jp


リンクはフリーですのでお気軽にっ。

ツイッター

検索フォーム

QRコード

QRコード