FC2ブログ

髪処禅のお気楽ブログ

美容室「髪処 禅」店主の仕事以外のことを書いているブログです。ゆる~く読んで頂けたら嬉しいですっ。

06<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08

篠ノ井合戦まつり2015

7月25日の篠ノ井合戦まつりに行ってみました。

毎年長野のびんずる祭りの1週間前に行われているお祭。
隣の駅の出来事ですが、
禅を開店した2004年度も行ったことがないから様子探りへ。

P7250009_Fotor_Collage.jpg
無料の駐車場はいくつかり、
そのうちの1つ篠ノ井駅西口に駐車。
ちょうど夕焼けの時間帯に間に合いました。
連絡通路は自転車も通れるけど、
押しチャリのようですね。

P7250016.jpg
思っていた以上の人の多さにビックリ。

P7250027.jpg
浴衣を着た中高生が多数いましたよ。
かわいいなぁ。
地元のお祭って感じがしていいですね。

P7250049.jpg

P7250057.jpg

P7250022.jpg

P7250035.jpg
26日には大獅子が舞うようです。
祭りにつての話を聞くと、
大獅子を見るのが面白いのだとか。
仕事の都合で行けませんでしたけど。

P7250062.jpg

P7250065.jpg
しゃもじを持って踊る人達。
長野びんずると同じ踊りのようですね。

思いっきり酔っ払って人の肩をかりつつ踊る人の姿も。

グルっと1周してきただけですが、
通称「篠ノ井びんずる」、
駅周辺はとっても盛り上がっていましたよっ。

関連記事
スポンサーサイト



2015小布施見にマラソン

今年で6回目の出場となる小布施見にマラソンに参加してきました。

今回は練習で最長でも3キロほどしか走ってなく、
後は山登りを筋トレとして行っての参加。
走ると膝周辺が痛かったのですよね。

朝3時過ぎに起きて、
入念に気になる左膝にテーピングをして、
いざ出発。


IMG_4852.jpg
IMG_4853.jpg
IMG_4854.jpg
IMG_4855.jpg
IMG_4856.jpg
IMG_4857.jpg
IMG_4858.jpg
IMG_4859.jpg
IMG_4860.jpg
小布施見にマラソンの様子を走りながら、
iPhoneを使って撮りながら走ってみました。

不安だった左膝は平気でしたが、
右のふくらはぎや足の甲が痛くなったりして、
ある痛いたり走ったと。
それでもハーフマラソンを食べまくりながら、
2時間23分でゴール。

毎度タイムを求めている大会ではなく、
楽しんで走る大会と個人的にはなっています。

走っている間は曇りの天気でしたが、
蒸し蒸しとした陽気で大量の汗をかきつつ走る。
給水所が沢山あり、
水分には困らない大会です。

とにかく楽しんで走るお祭りですね。
普段運動不足ですので、
また来年も参加をして、
楽しんで健康維持をしていこっと。


関連記事

鳳凰山を目指す3

鳳凰3山を目指して登ってきました。
今回の山行では3つは無理と判断し

地蔵岳のみへと向います。


ご飯を食べていた場所からの周囲の様子。

少し進むと、
P7140379.jpg
アカヌケ沢の頭に到着。
地蔵岳の山頂は尖ってるから登りにくく、
普通に歩いて到着する地蔵岳近くの最高地点はこことなる。

P7140389.jpg
地蔵岳のお地蔵さん達。

P7140405.jpg
観音岳に隠れていた富士山がここまで来ると見えましたよ、
やったー。

P7140407.jpg
地蔵岳の山頂直下。

P7140412.jpg
賽の河原を下るルートで鳳凰小屋へ。
確かに崩れやすいというか滑りやすい道。

鳳凰小屋に戻ってコーヒーを飲みつつテントを撤収し下山。

P7140432.jpg
御座石鉱泉に到着、
下山も思っていたより時間がかかり、
15時半頃到着。
朝3時半頃から休憩しつつもよく動いたなぁ。

P7140434_Fotor_Collage.jpg
登山道にはキノコが多くありましたよ。
その他クモの糸に絡まっているのか、遠くから見ると浮いている葉なども。
到着するとわんこがお出迎えをしてくれました。

鳳凰3山のうち1つは登ってきたので、
また残り2つも制覇したいと思います。
今度は別の登山口から行ってみよっと。



関連記事

鳳凰山を目指す2

御座石鉱泉からスタートし、
鳳凰小屋まで登って来ました。

夜はガスっていて星もあまり見えなかったのですが、
P7140295.jpg
起床時間の3時半に起きてみたら、
星がみえました。
写真のほうがよく見えていまして、
実際はもう少し薄くガスがかかっていましたけど満足。

P7140296.jpg
他のテントの人達も起きて出発の準備。
山の朝は早いのです。
また戻ってくるから、
必要な荷物だけリュックに入れて、
観音岳へと向かうコースへ。

P7140302.jpg
日の出前も空。
ここからの朝焼け〜日の出までの時間帯の空は、
とっても綺麗で大好きです。

稜線まで急な坂を登ります。
本日最初は調子が良かった妻がまた体調不良になりゆっくり進む。

P7140312.jpg
ちょうど朝日の見える場所に間に合って。

P7140316.jpg
稜線まで登ると観音岳と地蔵岳の分岐点。

P7140333.jpg
飛び出ているのが地蔵岳のオベリスク。
観音岳へちょこっと進んでみた場所から。
この場所で本日の妻の体調では、
鳳凰3山は無理と判断し地蔵岳のみを目指し引き返す。

分岐点まで戻り、
もう少し進むと展望が良く
風も防げる場所を発見し朝ご飯。

そこからの景色、
P7140368.jpg
日本で2番目に高い山「北岳」など、
南アルプス連峰が一望できる。
 北岳に登った記録は→こちらからどうぞ

P7140365.jpg
地蔵岳、
その左後ろに見えるは八ヶ岳連峰。

P7140369.jpg
先ほど途中で引き返した観音岳。
この後ろは富士山方向、
ちょうど見えない。

ご飯を食べたり休んだら、
少し妻の体調が回復してきてひと安心。
地蔵岳へ行ってから下山します。

関連記事

鳳凰山を目指す

鳳凰山は鳳凰三山とも呼ばれていまして、
「薬師岳」「観音岳」「地蔵岳」を総称して鳳凰山。
南アルプスの山となっています。
日本百名山となるのは最高峰の観音岳ですが、
象徴となるのは地蔵岳にある「オベリスク」。

P7130196.jpg
登山口は御座石鉱泉からスタート。
とりあえず目指す鳳凰小屋はではコースタイムで5時間半。
温泉の入口で登山計画を記入して8:23出発。

P7130224.jpg
歩きやすい登山道ですが、
燕頭山の山頂までは急坂をひたすら登る。

P7130228.jpg
途中の景色が見える場所なのでしょうが、
ガスっていて遠くは見えません。

P7130231.jpg
旭岳を通過、11:34。

P7130235.jpg
燕頭山の山頂に到着 12:29。
いい時間になってきたから、ここでお昼。
持ってきたおにぎりや、キュウリをパクパクと。
ここからは、比較的緩やかな登りへと変わります。

P7130270.jpg
鳳凰小屋に到着、14:51。
登っている途中から妻の調子が悪くなり腹痛に。
お腹の調子を見つつ、
ゆっくりペースで登って来た時間です。

P7130279.jpg
テントを設営し、
着ていた服を脱いで外に干す。

P7130272.jpg
テントを張るスペースに限りがあるから心配して来たのですが、
本日は余裕で張れました、よかったぁ。

P7130282.jpg
今日はここまでにしたから、
のんびりおやつやご飯に。
普段食べない物を持ってきて試してみたり。
簡単で美味しい山ご飯の勉強をしようかな。

鳳凰小屋は水が豊富でとってもテント泊に向いています、
登山口からは遠いですけど。

P7130286.jpg
ガスってはいましたが、登ってきた方向に山も見えましたよ。

さて明日は妻の体調次第ですが、鳳凰3山を目指します。




関連記事

星がキレイ

ジメジメしていた天気から一転、
梅雨が明けたかのような天気になってきました。
そんな夜、空を見たら星がキレイ。

ということで、
禅の庭から星を撮影。

P7120188.jpg
光かなるべく来ない場所で見ると、
街中でも星は見れます。
でも、昔に比べたら長野も明るくなって見えにくくなりましたけど。

P7120189.jpg
上と全く同じ構図で星の軌跡を。

山の上など、
もっと暗い場所でキレイな星空を見に行きたいなぁ。

関連記事

茶臼山を登ろう2

仕事場である髪処禅からよく見える
茶臼山へ向かっている続きです


北アルプスの見える展望台まで来たら山頂まではあと少し。

P7070068.jpg
茶臼山山頂までの道を発見。
展望台からはスグですよ。

P7070071.jpg
茶臼山山頂。
周囲は木で囲まれていて、
展望はありません。

P7070073.jpg
一本松に戻り、
さらに小松原方向へ。

P7070076.jpg
こちら方向はあまり人が通ってないのか、
笹がしっかり茂っている場所や、
倒木多し。
進みにくいです。

P7070077.jpg
展望と書いてある標識。
行くしかないでしょ。

P7070078.jpg
鉄塔のある場所から東と西の展望が。
ここの笹は背丈よりも高い場所もあり、
鉄塔まで行くのが大変。

P7070083.jpg
犀川を挟んで南北の街がよく見える。
自分の実家も確認できましたよ。
しばらく景色を堪能した後、
戻ってさらに下ります。

どんどん進むと、
P7070113.jpg
舗装道路まで出まして、
その道をどんどん下ります。

途中には川中島のいい展望があったのですが、
その様子は、
髪処禅ブログ」に数枚ですが写真を載せています
 ↑よければどうぞっ。

P7070153.jpg
神社もありました。

半日あれば余裕で行ってこれる行程。
運動不足の解消にどうぞっ。


関連記事

 | ホーム |  »

プロフィール

kamidokozen


トップページ←はこちらへ


長野県長野市川中島にある美容室
髪処禅」の店主です。

大きな地図←はこちらからどうぞ

ご意見・ご感想・ご質問・ご提案などありましたら、
とっても嬉しいので下記からどうぞ。参考にさせて頂きますっ!
(ただし必ずしも全てにご返信できるわけではありませんのでご了承下さい、確実に目は通していますので)
kamidokoro-zen@amber.plala.or.jp


リンクはフリーですのでお気軽にっ。

ツイッター

検索フォーム

QRコード

QRコード