FC2ブログ

髪処禅のお気楽ブログ

美容室「髪処 禅」店主の仕事以外のことを書いているブログです。ゆる~く読んで頂けたら嬉しいですっ。

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

川上村と南相木村

甲武信岳(甲武信ヶ岳)に登ったのですが、
その登山口である毛木平駐車場に行くには川上村を通ります。
川上村には行ったことがなかったので、
通りがてら景色を撮影してみました。

P6290466.jpg
川上村といえばレタスですよね。
毛木平駐車場に向かう方向。

P6290468.jpg
あちこちがレタス畑。
上の写真の反対側の進んできた方向、
奥には見えるは八ヶ岳かと。

P6290602.jpg
登山後の帰り道、
迎えてくれるはやっぱりレタス畑。

P6290604.jpg
登ってきた甲武信岳方向。

来たのと同じ道を通っては面白くないから、
南相木村を通過してみます。

川上村役場のあたりから南相木村へ進みます。

P6290608.jpg
川上村を少し登った場所から。

P6290610.jpg
同じく少し登って甲武信岳方向、
電線と鉄塔がカッコイイ。
知らない景色を見るは楽しいですね。

P6290612.jpg
南相木村に到着
いろいろな滝があるようです。

P6290614.jpg
犬ころの滝に到着。
滝を見るのもとっても好き。

P6290615.jpg
犬ころの滝。

P6290621.jpg
犬ころの滝を横から。

この犬ころの滝の横には、
南相木温泉 滝見の湯」があり、
入って帰宅。
その他の滝や名所も全く見れてないから、
どちらの村もまた行ってみたい場所ですね。


関連記事
スポンサーサイト



甲武信岳へ登る2

千曲川の源流をたどるルートで甲武信岳山頂まで来ました
お昼休憩をして、別ルートで下山へ 12:35

P6290547.jpg

P6290550.jpg
三宝山に到着、13:03。
周囲の展望が無いから、ささっと通過。

P6290553.jpg
尻岩、13:40。
この場所でトレイルランをしている人が後から来て抜いていく。
それ以外はなかなか人に会いません。

P6290559.jpg
武信白岩の山頂が見える。
山頂への登りはロープが張ってあり、
岩にバツ印があって行けませんでした。

P6290571.jpg
大山に到着、15:02。
ここからの下りは急で短い区間ですが鎖場があります。

P6290573.jpg
ガスがどんどん濃くなり、進路が分かりにくいことも。

P6290574.jpg
木の根などが多く、
甲武信岳から十文字小屋まではとにかく歩きにくい。

P6290581.jpg
十文字小屋の前でチャイを飲んで一休み、15:45。

P6290583.jpg
ここから車までは歩きやすい道へと変わります。

P6290588.jpg
水と書いてある、水場。
ここの水も汲んで帰ることに。

P6290589.jpg
シカとも遭遇、ちょっとピンボケしてますけど。

P6290600.jpg
駐車場に無事到着、17:24。

7月に開催される小布施マラソンに向けて、
山を登ってトレーニングしようと少し長めの山行でした。
とはいえ、全くトレーニングしてないから、
後半足にきましたけど。

千曲川の源流までの往復であれば、
とっても気持ちのいい山歩きですので、
おすすめですよ。
関連記事

甲武信岳に登る

甲武信岳に登ってきました。
甲武信ヶ岳とも言うようですが、
山頂の表記が甲武信岳だったのでこちらで表記。

P6290469_Fotor_Collage.jpg
ルートとしては、千曲川の源流を訪ねつつ登るルート、
帰りは十文字峠を経由するルートを選択。
コースタイムでは登り4時間、下り5時間。

千曲川は新潟県に入ると信濃川となり日本一長い河川、
その最初の1滴がとても気になっていたんですよね。

川上村をどんどん奥へと行って、
毛木場駐車を目指す。
もっと近いかと思っていたら、
長野市から駐車場まではけっこう遠くて2時間ほどかかりました。
車は60台停められて、トイレもありますよ。
7:50分登山開始。

P6290477.jpg
川に沿って登っていきます。
とても歩きやすい道ですね。

P6290490.jpg
ナメ滝に到着、9:25。

P6290500.jpg
コケや木の緑がとにかく豊富な登山道。

P6290503.jpg

P6290506.jpg
千曲川、信濃川水源地標の場所へ到着、10:40。

P6290510.jpg
せっかくなので、持って来た水は全て捨て、
湧き出している水を汲み直し、
源水を飲みながら進むことに。

源流だけのコースは気持ちのいい森林歩き、
ここからちょいと登りがキツくなります

P6290515.jpg
分岐点である稜線に出る、11:15。

P6290520.jpg
山頂が見えてきたぞ。

P6290534.jpg
甲武信岳山頂に到着、11:38。
知らなかったけど、
百名山の1つなんですね。
長野、山梨、埼玉、3つの県の境だから、
甲武信岳。

P6290536.jpg
山頂には4人ほど人が。
埼玉県側からはすでにガスが登ってきていて、
富士山が見えるかと期待して来ましたが、
その方向はガスで視界なし。


甲武信岳山頂からの動画。

お昼休憩をしたら、十文字峠へと向かいますっ。

関連記事

有馬温泉へ

姫路城へ行ったのですが、
その帰り道、せっかくなので日本最古の温泉である有馬温泉へも行ってみました。
有馬は日本三古泉の1つです。

P6220407.jpg
有馬温泉に到着。

街を散歩しつつ、温泉に入ります。

上の写真のすぐ横には、
P6220405.jpg
湯けむり広場があります。

有間川の下も歩け、
P6220401.jpg
親水公園となっていました。

そこにかかる赤い橋は
P6220398.jpg
ねね橋。

P6220378.jpg
温泉街を散策。

P6230431.jpg
炭酸ワッフル、
あちこちで見かけました。

P6220363.jpg
有馬といえば、
有馬かごと有馬筆。
お店の主人が色々話してくれましたよ。

P6220330_Fotor_Collage.jpg
温泉寺、温泉神社などなども。

P6220325_Fotor_Collage.jpg
様々な源泉が湧き出ている。
有馬温泉は、環境省が療養泉として指定している9つの主成分
(単純性温泉、二酸化炭素泉、炭酸水素塩泉、塩化物泉、硫酸塩泉、含鉄泉、硫黄泉、酸性泉、放射能泉)のうち、
硫黄泉と酸性泉を除く7つもの成分が含まれていて、
世界的にも珍しい多くの成分が混合した温泉となっています。

P6220409.jpg
外湯となる金の湯。
横には足湯もありました。

コンパクトな温泉地ですが、いい感じの温泉地でした。
銀の湯が工事中で残念でしたが、
また行きたいな。


関連記事

好古園を歩く

姫路城へ行ってきました

P6220272.jpg
入るときにセットでチケットを買った好古園も見学。

P6220277.jpg
御屋敷の庭。
そのた茶の庭、流れ平庭、夏樹の庭、竹の庭などなど、
9つの様々な庭がありますよ。

P6220279.jpg
渡り廊下。
「唐傘割工法」による中央の曲線は庭園のシンボルなのだとか。

P6220280.jpg
渡り廊下の真ん中より左側。
左右の眺めが印象的とパンフレットにありました。

P6220282.jpg

P6220295.jpg

P6220298.jpg

P6220307.jpg

P6220310.jpg
メグスリノキ、
黒田家再興のきっかけとなる目薬のもとになっています。

足早に見ましたが、素敵な庭園でしたよ。

関連記事

姫路城へ2

姫路城の城内に入ってきた続きです。

P6220084_Fotor_Collage.jpg
階ごとに説明書きがあります。
とっても太い柱2本、
東大柱と西大柱、人が手を回しても届きません。
所々で外も、
見えているのは姫路の駅へと続く大手前通り。

P6220094.jpg
最上階の6階には、
姫山の地主神で近代になって天守内で祀られるようになった、
長壁(刑部)神社がありますよ。

P6220097.jpg
瓦にある白い漆喰が城をより白く見せているのですよね。
下に見えるのは西の丸の百間廊下。

P6220098_Fotor_Collage.jpg
城にしては珍しく「流し」も設置されています。
中央に水が集まるようになっているよいうです。

P6220130_Fotor_Collage.jpg
姫路城かっこいいなぁ。
外から見ていたら、
「入城規制をただいましています」
とのアナウンスが聞こえてきました。
平日月曜なのに混んでますね。

P6220131_Fotor_Collage.jpg

P6220159.jpg
それぞれの時代の鯱鉾もありました。
明治が渋くてカッコイイっ。

この後で、西の丸の百間廊下もしっかり見学。
NHK大河ドラマ黒田官兵衛での姫路の模型があったりも。

昔から姫路城には行きたいと思っていましたが、
タイミングを待っていてもなかなかやってこないいので、
強行スケジュールで見学。
たまたま浴衣祭りの日とも重なって、
姫路の街を少し歩いていたら浴衣の女性を多く見かけました。

この調子で残りの現存12天守も全部見たいなぁ。


関連記事

姫路城へ

姫路城へ行って来ました。
以前から行きたいと思っていたのですが、
27年3月7日に改修作業も終わり綺麗になった城を観てきました。

P6220018.jpg
大手門の外、駅からの突き当たりがここ。
駅からは歩いて15分ほど、
と言っても車で行ったんでけすど。

P6220038.jpg
入場券を買って入ったところから。
セットで隣の西屋敷跡の好古園のチケットも買ってみました。
自分の店の庭のヒントにでもなればと思って。

P6220031_Fotor_Collage.jpg
城内で一番大きき菱の門を通過。
入場ゲートをくぐると最初にあります。
内部は広くどんどん進んで行きます。

P6220043.jpg

P6220048.jpg
門には「いろは〜る」の門、
「水の一〜六」の門などがありますよ。
スマホのアプリを「姫路城大発見」とアップルやグーグルで検索してダウンロードし、
それを起動させてかざすとコンテンツが見れるのが「ARマーク」。

P6220059.jpg
いよいよ天守閣へ入城。
開城が9時からでそこから行っているのだが、
なかなかの人。

P6220071_Fotor_Collage.jpg
この時代から耐震補強がしてあります。
斜めの木がそれですよ。

地下も入れると7階からなる城をどんどん登ってきますっ。

関連記事

 | ホーム |  »

プロフィール

kamidokozen


トップページ←はこちらへ


長野県長野市川中島にある美容室
髪処禅」の店主です。

大きな地図←はこちらからどうぞ

ご意見・ご感想・ご質問・ご提案などありましたら、
とっても嬉しいので下記からどうぞ。参考にさせて頂きますっ!
(ただし必ずしも全てにご返信できるわけではありませんのでご了承下さい、確実に目は通していますので)
kamidokoro-zen@amber.plala.or.jp


リンクはフリーですのでお気軽にっ。

ツイッター

検索フォーム

QRコード

QRコード