FC2ブログ

髪処禅のお気楽ブログ

美容室「髪処 禅」店主の仕事以外のことを書いているブログです。ゆる~く読んで頂けたら嬉しいですっ。

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

新そばの時期

長野県内のあちこちで「新そば」の声が聞こえてくる時期になりました。

たまたま「新そば祭」と書いてある記事をみかけたので、
行ってみることに。

IMGP8275 - コピー
筑北村(→の地図)にあるそば屋さんへ。

IMGP8268.jpg
3人で行って、1つの木箱に3人前入っているそばを2つと、
天ぷら、川えびなども。
細めのそばで、食べやすく、おいしかったですね。
肝心の「新そば祭」は日を間違えていて、
やってなかったけどね。

IMGP8269 - コピー
JRのポスターも。
そばとそば(近く)をかけていて、いい感じ。
秋の散策にもいい時期なので、
どんどん長野に人が来ればいいなぁ。
東京方面から新幹線だと、ほんとにそばですよっ。





関連記事
スポンサーサイト



権堂、善光寺界隈を町歩き

映画を観に、長野の町中の権堂にある長野ロキシーへ行きました。

久しぶりに日中に町中へ行ったので、
ついでに町歩きをしてみたよ。


地図で善光寺の右(東)側のあたりを散策。

IMGP8227.jpg
表の道から1本裏に入った通り。
なんでもこの辺の古い建物を使って、
「カフェなどのお店が数件出来ている」との髪処禅のお客様から聞きまして、
そのリサーチが今回の町歩きの主。
ほとんど休みでしたけど、お店は分かりましたよ。

IMGP8216.jpg
古い橋を発見。
坂を上ると、城山小学校
せっかくだから、上まで行ってみましょう。

IMGP8209.jpg
坂の上には展望スペースも。
小雨が降ったり止んだりの天気で、遠くの展望はいまひとつ。

別の下り坂より降りて歩いてると、
IMGP8218.jpg
西宮神社に到着。

IMGP8219.jpg
およべっさんの銭洗い。
「商売繁盛にここで銭を洗って商売に活用したり、
御守りに身に付けて励むと、ご利益があるかもしれません」と。

IMGP8222.jpg
何だかよく分からないけど、
いい雰囲気の裏路地も通りましたよ。

IMGP8225.jpg
虎が塚。
「曽我兄弟の仇討ち」で有名な兄弟の兄にあたる十郎祐成の愛妾が虎御前。
虎は兄弟の菩提を弔うため善光寺の南東に庵を結び、
庵の近くに大石を据えて祈ったりしていまして、
この石が虎ケ塚と呼ばれるものです、
よね?。
より詳しくは→こちらをどうぞ

IMGP8241.jpg
権堂に戻り、秋葉神社。
ヨーカードーの横にある長野市民なら見てはいる場所。
ちなみに権堂の名前の由来は、
商店街にある往生院という寺に由来しています。
鎌倉時代に焼失した善光寺が源頼朝によって再建される際に、
本尊の阿弥陀(あみだ)如来像が一時的にこの寺に移されたのです。
その仮堂という意味で一帯を「権堂」(ごんどう)と言ったので、
このあたりの地名を権堂と呼ぶようになったらしいですよ。

秋葉神社の裏には、
IMGP8242.jpg
包丁、料理の神様である四條霊社があります。
包丁、料理の神様は京都と長野の2社のみで、
貴重な場所ですね。

その横には、
「赤城の山も今宵かぎり」で有名な国定忠治のお墓も。
博打で稼ぐヤクザ者ですが、弱気を助け、悪をこらしめる。
なぜか家に酒井祖父が、
赤木山へ行って拾ってきて石があったりも。
ギャンブル全くしないんですけどね。

そんな祖父関係の繋がりで言うと、
秋葉神社の周りには修繕のときに寄付をした人?
の名前の石碑があるのですが、
IMGP8237.jpg
続柄だと曽祖父母にあたる酒井家の2人の名前があったりも。
自分が高校のときに亡くなっている祖母は美容師をしていまして、
石碑のさつさんも美容師(というのかこの時代)だったとか。

短時間ではありましたが、
あまり歩かない裏通り歩いてみたら、
知らないことが多かったですね。

自分の街を歩くのも楽しいなぁ。

関連記事

めぐり逢わせのお弁当

映画が大好きなのですが、
IMGP8208.jpg
久しぶりに長野ロキシーへ行ってきました。

観たのは写真の右端に少し写っている、
→「めぐり逢わせのお弁当」。

インド・ムンバイでは、お昼どきともなると、
ダッバーワーラー(弁当配達人)がオフィス街で弁当を配って歩いている。
その中のひとつ、主婦イラが夫の愛情を取り戻すために腕を振るった4段重ねのお弁当が、
なぜか、早期退職を控えた男のサージャンの元に届けられた。
神様の悪戯か、天の啓示か、偶然の誤配送。
イラは空っぽのお弁当箱に歓び、サージャンは手料理の味に驚きを覚える。
だが夫の反応はいつもと同じ。不審に思ったイラは、翌日のお弁当に手紙を忍ばせる・・・。
(ホームページより)

ここ数年でインド映画を数本見ているのですが、
ボリウッド、いいんですよねぇ~。
たまに外れもありますが、
それはどこの国の映画でも一緒ですし、
好き嫌いは人それぞれ。

インドの街並みや様子、社会事情などなども分かり、
とても勉強になります。

インド映画はこれからどんどん増えるでしょう、
また見つけて観にいこっと。


関連記事

ヨコハマトリエンナーレ2014 その3

横浜美術館、新港ピアのメイン会場を観た後で、
連携プログラムである「仮想のコミュニティ・アジア―黄金町バザール2014
の会場へ移動。

IMGP8007.jpg
シャトルバスに乗ってきまして、
チケットをここで交換。

IMGP8033.jpg
京急線「日ノ出町駅」と「黄金町駅」の間の高架下スタジオを中心に、
周辺の小規模 な建物や既存の店舗、空地など街中のスペースを使って、
あちこちに作品が点在しています。

地図ももらえるから、それをたよりにブラブラと。

IMGP8011.jpg

IMGP5995.jpg

IMGP8019.jpg

IMGP8028.jpg

IMGP8037.jpg

IMGP8038.jpg

IMGP8042.jpg

IMGP8048.jpg

IMGP8047.jpg
チケット裏でスタンプラリーができるようになっていて、
観てない作品がスグわかる。
とりあえず作品はすべて観てきました。

ここの黄金町バザールは楽しかったです。
製作者と話す機会もあったりして、
「なるほどなぁ」と感じることもできましたよ。

その他の会場もまだあるのですが、
時間が足りなくなり撤収へ。
やっぱり芸術祭は面白い。

全国あちこちでも開催されているようで、
今現在も、「福岡アジア美術トリエンナーレ」のチラシも置いてありました。

また見つけては、何が仕事の役に立つのかは分かりませんが、
感性を刺激して、アイデアの発想源を増やせるようにしていこっと。





関連記事

ヨコハマトリエンナーレ2014 その2

ヨコハマトリエンナーレ2014、その1の続きです。
撮影していい作品を多少ご紹介。

IMGP5991.jpg

IMGP7980.jpg

IMGP7989.jpg

IMGP7997.jpg

IMGP7998.jpg
別の会場もあり、無料のシャトルバスが出ています。

IMGP8006.jpg
新港ピアへ移動。

IMGP7999.jpg

IMGP8001.jpg

IMGP8002.jpg
正直この新港ピアの作品は個人的にはう~ん、
という作品が多かったなぁ。
全体的にも、現時点では前回の作品のほうが楽しかったような。

会場は街中にも広がっていますので、
次は「まちにひろがるトリエンナーレ」をみるべく、
別の会場へ移動しますっ。

その3へ続く

関連記事

ヨコハマトリエンナーレ2014 その1

IMGP7971.jpg
ヨコハマトリエンナーレ2014へ行ってきました。

2011年のヨコハマトリエンナーレにも来ていまして
3年ぶりの登場。
そもそも「トリエンナーレ」とは、
3年に一度開かれる国際美術展覧会のことでして、
「トリエンナーレ」の原意はイタリア語で「3年に一度」です。

IMGP7972.jpg
会場の1つ、横浜美術館の前にも展示物があります。

会場の中も写真撮影がOKな物も多数あったので、
撮影してみましたよ。

IMGP5989.jpg

IMGP7987.jpg

IMGP7977.jpg

IMGP5984.jpg

IMGP5993.jpg

その2へ続く



関連記事

横浜をブラブラと

横浜へ行ってみました。

6日は台風の影響で軽井沢辺りの高速は通行止めだったりして、
着いたのは夕方。

目的の用事の1部も開始できる時間は多少あったのですが、
すべて明日へとまわして、横浜をブラブラしてみたよ。

IMGP7906.jpg
日が落ちる少し前の時間ってキレイですよね。
町の夕方の景色はとてもいい。

IMGP7910.jpg
赤レンガ倉庫をブラブラと。

IMGP7923.jpg
横浜ランドマークタワー ドックヤードガーデンで、
ドックヤード・プロジェクションマッピング「YOKOHAMA ODYSSEY」をやっていたから、
見てみることに。
開催時間:19:00~/19:50~/20:40~で、整理券が必要です。
といっても実は無くても、ドックの上から見えるけどね。
でも、せっかくだからドックの中に入って鑑賞。

IMGP7930.jpg

IMGP7931.jpg
プロジェクションマッピングを見るのはお初。
映像技術も進化してますよね~。
第17回文化庁メディア芸術祭エンターテイメント部門審査委員会推薦作品のようで、
芸術の秋ってことです。

この整理券を持っていると、
鑑賞後出口からのルートにある「みらい横丁」でサービスが受けられたりも。
よくできてますよね、
結局自分もそこで食事をしちゃいましたよ。

IMGP7963.jpg
都会の夜景もキレイ。
IMGP7964.jpg
ほぼ同じアングルで朝。

たまには都会もいいですね。


関連記事

 | ホーム |  »

プロフィール

kamidokozen


トップページ←はこちらへ


長野県長野市川中島にある美容室
髪処禅」の店主です。

大きな地図←はこちらからどうぞ

ご意見・ご感想・ご質問・ご提案などありましたら、
とっても嬉しいので下記からどうぞ。参考にさせて頂きますっ!
(ただし必ずしも全てにご返信できるわけではありませんのでご了承下さい、確実に目は通していますので)
kamidokoro-zen@amber.plala.or.jp


リンクはフリーですのでお気軽にっ。

ツイッター

検索フォーム

QRコード

QRコード