FC2ブログ

髪処禅のお気楽ブログ

美容室「髪処 禅」店主の仕事以外のことを書いているブログです。ゆる~く読んで頂けたら嬉しいですっ。

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06

2013 シンガポールまとめ

 2013年に行ったシンガポールの記事のまとめです。

IMGP2194_Fotor_1.jpg IMGP2194_Fotor_2.jpg IMGP2194_Fotor_4.jpg IMGP2194_Fotor_Collage.jpg 
2013年 シンガポールの様子
とっても都会な街でした。

 飛行機~マリーナ http://kamidokorozen.blog111.fc2.com/blog-entry-598.html
 マーライオンパーク周辺 http://kamidokorozen.blog111.fc2.com/blog-entry-599.html
 シティ周辺 http://kamidokorozen.blog111.fc2.com/blog-entry-600.html
 チャイナタウンとMRThttp://kamidokorozen.blog111.fc2.com/blog-entry-601.html
 チリクラブと夜景 http://kamidokorozen.blog111.fc2.com/blog-entry-602.html
 カトンを歩く http://kamidokorozen.blog111.fc2.com/blog-entry-603.html
 アフタヌーンティーとオーチャード
       http://kamidokorozen.blog111.fc2.com/blog-entry-604.html
 ナイトサファリ http://kamidokorozen.blog111.fc2.com/blog-entry-605.html
 ガーデン・バイ・ザ・ベイ 
       http://kamidokorozen.blog111.fc2.com/blog-entry-606.html
 マリーナ・ベイサンズ  http://kamidokorozen.blog111.fc2.com/blog-entry-607.html
 セントーサ島  http://kamidokorozen.blog111.fc2.com/blog-entry-608.html
 リトル・インディア http://kamidokorozen.blog111.fc2.com/blog-entry-609.html
 ラオ・パサ・フェスティバル・マーケットとアラブストリート 
       http://kamidokorozen.blog111.fc2.com/blog-entry-610.html
 ラッフルズ・ホテルとチャイナタウン 
       http://kamidokorozen.blog111.fc2.com/blog-entry-611.html
 チャンギ空港 http://kamidokorozen.blog111.fc2.com/blog-entry-612.html


続きを読む »

関連記事
スポンサーサイト



復原された東京駅を見たよ

シンガポール旅行へ行った帰り、復原された東京駅をついでに見てきました。

昔東京に住んでいたことがあるのだが、学生の頃は新幹線なかったので特急を上野から乗車。
その後も乗り換えだけで外出なかったり、バイクや車で帰省してたりと、昔の東京駅をあまり覚えてはいないんだよねぇ。

IMGP3065.jpg
赤レンガの東京駅、かっこいいっ。

IMGP3066.jpg
日本の中央駅、復元されたてキレイです。

IMGP3067.jpg
ドーム内部、建築が美しい。

IMGP3072.jpg
東京駅のすぐお隣には、2013年3月21日オープン、日本郵便の商業施設「KITTE|も。
せっかくなので内部を見学。

IMGP3074.jpg
中央は吹き抜けで近代的。
11時から1階から上のお店が始まるのだが、上りエスカレータに乗る人達で長い長い行列が発生していましたよ。うへ~。
お目当ての食べ物屋さんへ、わき目も振らず進んでいく人多し。

IMGP3081.jpg
キッテの1番上はちょっとした庭になり、1周できるようになっていた。
発着の新幹線などがよく見えて、鉄ちゃんにはいいかもね。

IMGP3080.jpg
屋根材がよく見える。
この屋根材は産地の宮城県石巻市清掃、補修などをし保管されていたが、
東日本大震災で発生した津波で被害を受け、使用可能と判断されたものが復原駅舎でも再利用されています。
テレビでたまたまその映像を見ていたので、実はこの屋根が個人的には見たかったんだよね。

IMGP3085.jpg
IMT(インターメディアテク)、入館料無料のミュージアム。
東京大学が明治10年の創学以来130年以上にわたり蓄積してきた、各種動物の骨格・剥製など、さまざま学術標本コレクションが常設展示されている。
フロアを2階層使っていて、スペースもほどほど広く面白い。

駅には「東京駅ステーションホテル」なんてのもあったので、いつか泊まってみたいなぁ。



関連記事

シンガポール チャンギ国際空港

最後にチャイナタウンを見た後で、タクシーで空港へ向かいます。

IMGP3029.jpg
チャンギ空港の第3ターミナル。

IMGP3034.jpg
荷物を預け、チケットをもらう。チケットの時間を間違えてとらえ、1時間早く行動。
軽く内部を歩く。しかしデカイな。

IMGP3031.jpg
時間がないと思っていたから、スグに出国のゲートに入りました。

相変わらず、ゲートでパスポートの写真が長髪の為やり取りが発生。
写真を見て「お前、ロックでもやるのか?」と聞かれ、
「昔、遊びでギター弾いてたよ」と言うと、
「日本のラウドネス知ってるよ、アルバムも何枚か聞いたぜ」となり
「おお、高崎晃。あんた良く知ってるな」なんて会話で盛り上がる。
って、ここ出国ゲートだよね。

IMGP3041.jpg
シンガポール航空のCAさん達。服がステキだなぁ。

IMGP3053.jpg
無料でネットが出来る場所もありました。

IMGP3042.jpg
ここチャンギ空港は、ハブ空港としての役割も大きく、出発のロビーにも様々な店がありました。
ハードロックカフェなんかもあり。

IMGP3047.jpg
買い物をすると、その券で大金が当たるかも。なんて機械。
さすがカジノがあるく国だなぁ、いいねコレは。もちろん当たらなかったけど。

食べ損ねた「カヤジャム」などもしっかり買って帰る。

IMGP3054.jpg
時間間違えに気がつき時間ができたから、最後に現地食を食べてみよう。

IMGP3056.jpg
最後はラクサ。個人的には、ラクサ美味しかったなぁ。

出発が夜の11時55分、日本には朝の8時過ぎに到着の便で帰ることに。

赤道直下のシンガポールはとても蒸し暑く、そして都会的な国。
もの凄いこれからまだまだ伸びるパワーを感じ、帰国したのでした。





関連記事

シンガポール ラッフルズホテルとチャイナタウン

アラブストリートへ行った後、東洋の真珠と評されるラッフルズ・ホテルへ。

IMGP2922.jpg
喜劇王の「チャーリー・チャップリン」も泊まったのだとか。とにかく名門ホテル。

IMGP2928.jpg
人形にもなっている、入口のドアマンもいましたね。

IMGP2910.jpg
シンガポールスリングのカクテルも飲めるようです。
そもそも普段からシンガポールスリングを飲んでないから、味の比較が分からない。

IMGP2917.jpg
ネオ・ルネッサンス様式ほホテルは美しい。

IMGP2935.jpg
階段も感じもいいなぁ。

IMGP2934.jpg
中をあちこち見て歩け、高級ショップが沢山ありました。

ただ、人があまり行かないような裏では、工事?掃除?関係の人達が、
禁煙場所で、思いっきりタバコ吸ってましたけ。思ったより煙草吸う人の率高し。

IMGP2942.jpg
2度目のチャイナタウンへ移動し、まだ食べてなかったかき氷を食すことに。

IMGP2944.jpg
色々あって迷います。

IMGP2948.jpg
日本のかき氷とは違って、氷の砕き方が違う。
昨年台湾でも食べたのだが、あれが激ウマで忘れられなかったから、このかき氷だけは逃せなかったのだ。
正直去年ほどの感動は無かったけど。

IMGP2953.jpg
1度目はかなり足早に通り過ぎたので、チャイナタウンを軽く散策してみよう。

IMGP2966.jpg
頭のマッサージアイテムを発見。仕事で使えそうかと試したら、かなりゾクゾク感があり却下。
店主がガンガン買え買え押してきて、値段はどんどん下がり、立ち去ろうとしたら「300円」と日本語で言っていた。「元値いくらだよっ」、さすが観光地。
面白かったけどホントにいらなくて断っていたのが、勝手な値引き交渉をしてたようですね。
交渉する人は、立ち去ろうとする位で、ちょうどいいのかもしれませんよ。

IMGP2970.jpg
新加坡佛牙寺龍華院(ブッダトゥースレリックテンプル)。たまたま歩いていたら発見。
2006年に建てられた4階建ての仏教寺院で、唐時代の建築様式を模した建物。
内部は金ピカで絢爛豪華。

IMGP2992.jpg
ピープルズ・パーク・コンプレックス。駅と直結の建物。地元の人たちの買い物場。

IMGP2997.jpg
マッサージ屋があったので、入ってみることに。
全身をお願いしてのだが、一番疲れていた足をやってくれなかったのが残念すぎて、
さらに足裏コースもお願いしてやってもらいました。
メチャ痛い場所あったんだけど、何のツボなのだろうか?

いよいよ帰りの飛行機の時間が近くなってきたので、ホテルへ戻る。
荷物のピックアップと汗でベトベトなので、シャワーを借りてから、空港へ向かったのでした。

関連記事

シンガポール ラオ・パサ・フェスティバル・マーケットとアラブストリート

チェックアウトが終了後、お昼を食べるべく、シンガポールのホーカーズの中でも老舗中の老舗である「ラオ・パサ・フェスティバル・マーケット」へ。

IMGP2820.jpg
とても混んでいるホーカーズで、あちこちで場所取りのティッシュなどがある。
シンガポールのホーカーズでは「何か」を置いておくのは有効なので、ウエットティッシュを持ち歩いていた。

IMGP2814.jpg
何だか忘れたけど、食べ進めるとどんどん食べたくなる、ホウトウみたいな麺。
さらに、オーチャードで食べたチキンライスが美味しかったから、「ここのホーカーズのはどうか」と試す。

IMGP2822.jpg
食べていたテーブルの周辺。活気があったなぁ。

IMGP2823.jpg
午後のエネルギー補給にレッドブルを。こちらはお店で買うと氷をくれるので、入れて飲む。
ビールもこのスタイル。こうやって飲みたかったけどビール発見できなかった。

ラオパサ~を出てから駅が近いから、電車に乗ろうとしたら、出口を間違えて駅を見失う。
あまり方向を見失うことがないのだが、そこらの人に「ここドコ?駅ドコ?」と聞いたら、
アイフォンで現在地を見てくれて、あっちだよって。
親切でしたねぇ、とうかオレもアイフォン持ってるんだよね。でも常にGPS切っていて、入れ方が分らんかったのだ。

MRTをラッフルズ・プレイスから乗り、プギス駅へ。

改札を出て、直結しているプギスジャンクションに入り軽く歩く。
地下エリアは雰囲気がほぼ日本。香りも日本の匂いがしていました。
夜に乗ったタクシーの運ちゃんがあちこち観光場所を教えてくれたのだが、
このプギスジャンクションをかなり押していた。

IMGP2836.jpg
外に出て、ノース・ブリッジ・ロードを歩いアラブストリートを目指す途中で発見のERP。
タクシーがここを通ると料金に上乗せされるシステムのようで、シンガポールの街中のあちこちにある。
「このタクシー、料金上乗せしてないよなぁ」と距離と時間で、勝手に軽く計算しながら乗っているのだが、
このシステムのおかげで複雑すぎて、概算が狂います。

IMGP2842.jpg
サルタンモスクを発見。アラブ色が強くなってきたぞ。シンガポール最大のモスクです。
イスラム教徒の人が礼拝していました。

IMGP2849.jpg
生地屋がたくさんあった通りの1店。とても華やかな生地が沢山。
店で特色があり、見ていて面白いっ。

IMGP2867.jpg
食べ物屋の多いストリート。

IMGP2882.jpg
かわいい香水瓶が売っている店にいってみた。

IMGP2878.jpg
甘いお茶の「テ・タリ」を飲んで一休み。オヤジの見事な入れ方。
アラブ界隈に限らずシンガポール、高級車がかなり沢山走っているのだが、
通りの席で座ってまったりしていても、沢山高級車が通ります。
 
IMGP2892.jpg
ハジャ・ファティマ・モスク。ヨーロッパの建築様式を取り入れた感じで面白い。
ガヤガヤしてなく、地元のモスクって感じなのかな?。

IMGP2899.jpg
地域住民しかこないようなホーカーズのゴールデン・マイル・フードセンターで、
まだ飲んでなかった果物系の飲み物を飲む。暑いからとにかく水分が欲しいのです。

ここの上の階は、色々な布製品などを作っていたり、リュックやアウトドア物、
警察、消防関係の服などがあったりと、また雰囲気が違っていましたね。

これで、アラブを後にして、有名なラッフルズ・ホテルを見てみよう

関連記事

シンガポール リトル・インディア

昨日はセントーサ島、4日目の最終日は島では無く、町のあちこちのエリアを巡ります。

P1000823.jpg
リトル・インディアに登場。

IMGP2727.jpg
テッカセンターのインド系のホーカーズで、人が並んでる店があったので、食べてみることに。
前の人と同じのが美味しそうだったので、頼んだら持ち帰り用なのか?ダメと。
なので、シンプルなナンとカレーにしてみる。

IMGP2730.jpg
その隣のジュース屋で、飲み物を。

IMGP2731.jpg
カレーは辛くなくて、ちょうどいい。ナンももちもちで旨い。

IMGP2732.jpg
隣りが市場になっていたので、グルグルしてみよう。

IMGP2733.jpg
朝市なのか、多くの人が買い物をしていました。

IMGP2737.jpg
カニや魚などの魚介類。

IMGP2738.jpg
野菜関係。

IMGP2741.jpg
日本だと見かけない色の花が、多数売っていた。

IMGP2740.jpg
テッカセンターを後にして、今度は外へ。

IMGP2747.jpg
お供え物に使う花?が売っている。

IMGP2749.jpg
リトル・インディアは信号を無視して、道を渡る人が多かったなぁ。

IMGP2752.jpg
3個で10ドルショップ。ここが面白くて、ついつい長居を。

IMGP2761.jpg
スリ・ヴィラマカリアマン寺院。外が工事中でした。
ここも皆、靴を脱いで、足を洗ってから入っていましたね。

IMGP2768.jpg
アングリア・モスクが建設中の建物の前に見える。
シンガポールのあちこちで巨大な建物を建設中で、まだまだこれから発展して行くのでしょう。

IMGP2773.jpg
ムスタファ・センターに到着。食品から日用雑貨などが何でも揃う巨大なスーパー。

IMGP2774.jpg
ハラールマーク(かな)を発見。
イスラム法では豚肉を食べることは禁じられているが、その他の食品でも加工や調理に一定の決まりがある。
この決まりが守られた食品がハラール。

IMGP2775.jpg
中はとにかく広い。

IMGP2781.jpg
シンガポール航空のCAさんが着てたようなガラの袋を発見。

IMGP2784.jpg
お土産食品を買ったのだが、その他の階や場所は見きれませんでしたね。

IMGP2789.jpg
買い物袋の口は、閉めると開かなくなる物で閉じられる。
ムスタファ・センターに入るときに、リュックを持っているとチャックが空かないよう、入る前に同じので閉じられます。
というか、その後でハサミ持ってないと、リュック開かないから困るんだけども。
たまたま、手で開けられたけど注意が必要ですね。

P1000832.jpg
その後帰ってホテルのチェックアウトへ。相変わらず英語分からんから、大変だなぁ。

チェックアウト後、まだ街歩きをする為ホテルに荷物を預けようとスタッフに話たら、
「日本語カウンターがあっちにあるよ」教えられ初めて知る。
うわ~、メチャクチャ苦労したんだよなぁ、早く知ってればもっとホテルを活用できたのなぁ。
困ったのがまたいい経験になったから、いいんだけどね。

さてさて、午後の残り時間で、街中ブラブラしてみます。
まずは、ラオ・パサ・フェスティバル・マーケット」にお昼へ行ってみよっと





関連記事

シンガポール セントーサ島

マリーナ・ベイサンズの後、今度はセントーサ島へ行ってみることに。

IMGP2583.jpg
ユニバーサルスタジオ、シンガポールがありますよ。

IMGP2590.jpg
この旅3体目のマーライオン。中に入れるから入ってみる。

IMGP2602.jpg
口から外が見れる構造。

P1000794.jpg
マーライオン内部は、マーさん、魚を食べたのか消化されたあとの骨が。
思わずニヤッとなる壁ですね。もっと大きい魚の骨の後も多数あり。

IMGP2617.jpg
マーサン頭上からの景色。
ここセントーサ島に来るには、タクシー、電車、歩き、ケーブルカーなど様々。いいなケーブルカー(ローブウェイ)。
写真には、ケーブルカーが小さく写っています。

IMGP2639.jpg
セントーサエクスプレス。島の中だけで乗っているのは無料なのか?2回乗ったけど特別ゲートもなかったですね。

IMGP2649.jpg
島でよく見かけた、ジュースの容器。350ml程が入るようだけど、もの凄く欲しくなる。
肩にかけて持ち運べて、便利そう。

IMGP2645.jpg
チケットセンターでは、島にある様々なアトラクションのチケットを売っていて、お得なセットみたいのもあり。
夜のビーチで行われる、ソング・オブ・シーのチケットを早めに入手。

この周辺でやっと島の地図を入手。本当は水族館やプールに行きたかったけど、地図が無くて効率良く周れなかったのと、広いので時間的に断念。

IMGP2653.jpg
アトラクションの1つ、セグウェイ。よくよく写真みれば、ジャッキーだよね。

IMGP2651.jpg
オフロードコースをセグウェイで周るようだが、その前に練習中の様子。
乗ろうと並んでいたら、軽く雨が降ってきたのと、乗るにあたって誓約書を書かなければならず、
面倒なのでやめることに。

IMGP2654.jpg
ブラブラしていたら、「お前も首にヘビを巻かないか?」と言ってくる人もいた。

IMGP2671.jpg
ソング・オブ・シーの観戦場所の様子。
プレミアムシートに、開始1時間弱前から並んでいたら、中央のいい場所に座れラッキー。
簡易カッパは入るときにもらえます。

IMGP2672.jpg
日が沈み、ショーの開幕まであと少し。のんびり座って、夕日を見たり、人をみて過ごす。

IMGP2684.jpg
ショーがスタート。

IMGP2686.jpg
レーザー光線が凄くキレイだった。

IMGP2691.jpg
1番「おおっ」の瞬間。水と音と光のショー。人も出てきて、物語になっているのです。

IMGP2703.jpg
レイク・オブ・ドリームス。こちらは無料の21時半からのショー。

IMGP2718.jpg
カジノがセントーサ島にもありますよ。

ハードロックカフェやホテルがあったので、内部に入って見学も。
海外で発見すると、必ず入るのがハードロック系。好きなんですよね。

足早に半日程度でグルグルしたのだが、しっかり遊びたい人にはお勧めの場所ですね。

個人的には、文化を感じる街がいいので、明日はリトル・インディアから行ってみます。

関連記事

 | ホーム |  »

プロフィール

kamidokozen


トップページ←はこちらへ


長野県長野市川中島にある美容室
髪処禅」の店主です。

大きな地図←はこちらからどうぞ

ご意見・ご感想・ご質問・ご提案などありましたら、
とっても嬉しいので下記からどうぞ。参考にさせて頂きますっ!
(ただし必ずしも全てにご返信できるわけではありませんのでご了承下さい、確実に目は通していますので)
kamidokoro-zen@amber.plala.or.jp


リンクはフリーですのでお気軽にっ。

ツイッター

検索フォーム

QRコード

QRコード