FC2ブログ

髪処禅のお気楽ブログ

美容室「髪処 禅」店主の仕事以外のことを書いているブログです。ゆる~く読んで頂けたら嬉しいですっ。

01<< 12345678910111213141516171819202122232425262728 >>03

「盲目剣谺返し」「隠し剣鬼ノ爪」

P2260086.jpg
キャラメルボックスのハーフタイムシアターで「盲目剣谺返し」「隠し剣鬼ノ爪」の2本を観てきた。

ハーフタイムシアターなので、いつもの半分の時間の1時間。それを2本せっかくなので見たのでした。

時代劇物だけれども、分かり易い内容で、ほろりと涙する場面も。

1時間の話なので、展開がスピーディーなのだが、かえってサラサラ話が進んでいっていいですね。前説の話や構成から仕事のヒントを思いついたので、劇以外でも勉強になりましたよっ。



関連記事
スポンサーサイト



鎌倉を歩く

江ノ電に乗って藤沢→鎌倉と移動したのだが、終着駅の鎌倉も歩いてみたよ。

P2260050.jpg
若宮大路にある二の鳥居。

二の鳥居から三の鳥居まで、盛土により道の中央が一段高くなっていて、段葛(だんかずら)と呼ばれている。 段葛は遠近法で実際の距離より長く見えるように、鶴岡八幡宮側に道幅が狭くなっているのだとか。確かに遠くに感じたなぁ。

P2260057.jpg
三の鳥居。この鳥居を過ぎて左右に池があり、右が源氏池。左が平家池。平家池は水を抜いて何かしてましたよ。

池にはそれぞれ島があり、源氏池には3島、平家池には4島。3は産なり4は死なりと、源氏の繁栄、平家の滅亡を祈っている。

P2260061.jpg
もう少しで鶴岡八幡宮。とにかく道が直線。

P2260065.jpg
平成22年3月10日に強風で倒れた大銀杏の木の本体を左に移植し、元の場所からも若木が出てきていました。

大仏に続き目的を果たしたので、また別の通りを通って帰ることに。

P2260048.jpg
小町通りを通ってみる。

P2260074.jpg
クレープを発見したので、パクリ。

P2260078.jpg
団子を発見したので、モグリ。

P2260079.jpg
麦田もちもペロリ。大麦を炒って挽いた粉「はったい粉」が外側についていた。

昼に、鎌倉周辺ではよく見かけたシラス丼を食べた後だけに、完全に食べ過ぎましたけどね。

鎌倉は初上陸だったのですが、いい街でしたよ。

関連記事

長谷駅周辺を歩く

江ノ電に乗ってきたのですが、藤沢→鎌倉への途中駅である「長谷」で降りて散策をしてみたよ。

P2260018.jpg
長谷寺、樟(くすのき)からなる巨大な観音像が内部にはありました。こんなに大きな観音様は初めて見た。

境内には様々な花が咲いていて、とってもキレイ。
P2260020.jpg

P2260019.jpg
万作

その他、福寿草、すいせん、蝋梅(ろうばい)、つばき類などが見頃の2月下旬。

P2260024.jpg
アジサイも有名で、散策コースも。同じ場所でも時期が違うとまたいいよね。

P2260016.jpg
見晴らし台から。鎌倉の海が見える、相模湾かな。

P2260025.jpg
洞窟もあり、内部にも入れます、そこには…。

長谷寺を後にして、次の場所へ向かう途中に
P2260026.jpg
もち米で作った、ワッフルだから「モッフル」を発見したので、食べ歩き。うん、うまい。

P2260032.jpg
鎌倉大仏殿高徳院にある、高さ11.3m、重量約121tの鎌倉仏像。

P2260034.jpg
仏には常人とは違う「三十二相」(32の身体的特徴)と「八十種好」(80のよく見ると分る特徴)があるのだとか。

P2260038.jpg
内部にも入れたので、せっかくなので入る。20円だっかたなぁ。

長谷駅から大仏までは徒歩10分。長谷寺までは徒歩5分とあっという間。駅から近いので途中下車もいいですよ。

関連記事

江ノ電に乗ろう

今年開業110周年となる江ノ電の乗ってきました。


大きな地図で見る
藤沢と鎌倉の間を結ぶ江ノ電。名前は聞いていてたので、1度は乗ってみたかったのですよね。

P2269993.jpg
入口は緑色かぁ。ここは藤沢です。

P2269992.jpg
1日乗り降り自由な切符もありました、のりおりくん。

P2269997.jpg
最終の鎌倉を目指す。

P2269995.jpg
途中に観光場所が多数あるので、行ってみようかと。

P2260041.jpg
民家のすぐ脇や、海沿い山間、途中道路も走って行く。知らない路線は楽しいなぁ。

P2260006.jpg
途中下車した長谷で、今まで乗ってきた電車を見送る。渋い車両だねぇ。

鉄ちゃんでは無いけども、少し鉄ちゃんの気持ちが分かりましたよっ。この日別の知らない路線も乗り継いだのだが、ワクワクしたなぁ。普段車移動が多いので、たまの電車もいいものですね。

関連記事

佐渡山アタリに登る

日曜日、予定していた予定が無くなり、その後に入った予定も朝にキャンセル。

さてどうしたものか?と思って閃いた。以前に髪処禅のお客様から聞いた、佐渡山周辺へ行ってみることに。

P2179877.jpg
奥に見えるは戸隠の山々。いい天気だね。

P2179882.jpg
登り口には沢山の人。さすが日曜。ここは山スキーのメッカでもあるようで。

P2179883 - コピー
板にシールをつけて、いざ出発っ。車が止めきれないので、路駐多し(自分もですが)。

P2179890.jpg
のんびりした道を登って行く。この辺はスノーシューであるいても楽しそう。

P2179898.jpg
黒姫山との分岐も過ぎ、その後は坂を上へ。先行者のトレースを辿って登っていく。

P2179914.jpg
何となくの山頂らしき場所まで来る(1678m峰かな?)。おにぎりをかじってから下山に。スキーの板を履いてないと、膝上まで埋まる埋まる。

P2179917.jpg
帰りには戸隠のスキー場がよく見えたよ。


ゆる~い斜面なので、ゆるい映像もどうぞっ。

運動不足解消には、ちょっとした運動ができたのでよかった。登りは約2時間だが、下りはあっという間に終了したのでしたっ。

関連記事

渓流釣りをしよう

最近渓流釣りの解禁の話を聞いたりしたもんで、さっそく行ってみることに。

朝4時過ぎに起床し、出発。本日はこの冬1番の冷え込みで朝の気温は-8度、うゥゥ~寒し。

現場に着いたのが6時前、まだまだ暗くとりあえずの準備を。少し上に登っただけなのに、今回の場所は-14度。いや寒すぎでしょっ。

IMG_0838.jpg
明るくなったので、いざ川へ。

IMG_0839.jpg
友人と2人で来てみたよ。

IMG_0840.jpg
ちょこっとした川なので、どんどんポイントを変えて釣り上がっていく。

IMG_0846.jpg
靴下2枚重ねていても、寒すぎて足の感覚がなくなる。

IMG_0848.jpg
よく見ると、川も凍っているんだよね。余計にポイントが限られる。

IMG_0849.jpg
というか、水につけて上げると、ラインと餌が凍ってしまうっ。こんな凍った餌は食べないので、水のな中に浸けこんだりしていたのだが、溶けない。

IMG_0841.jpg
車の排気ガスで溶かそうと試みる友人、まったく溶けない。しまいには、「口に入れて舐めて溶かせ」なんて話にも。

なんだかんだで、釣りになる条件では無いし、朝のみ時間が空いていたので撤収に。昼なら凍らず釣りになったかもなぁ。

まだまだ渓流釣りはこれから。つれなくてもいい景色がみれたから、まぁいいかなっと。

IMG_0855.jpg



関連記事

根子岳に登ってきたよ2

根子岳山頂まで奥ダボスのスキー場の1番上のリフトを使い、その後自走して登ってきました

根子岳山頂はこれで3度目。2011年の2月にも登っていまして、そのときは天気もよく山頂でお昼を食べました。

しかし、今回は暴風もいいところ。滑る用意をして、早々に下山することに。

P2129835.jpg
滑る前に水分補給をしようとしたときのこと。飲み物をペットボトルに入れてきたのだが、半分以上凍ってシャーベットになっていた。この短時間で恐るべし菅平。

P2129841.jpg
赤印の場所が車の場所。ルートは1度来ているので、前回とは別のルートを滑ることに。北アルプスの山々がキレイだなぁ。景色みるのが大好きっ子。


少し下った場所からの映像。

P2129849.jpg
さらに下ると、牧場に出る。数か所バラセンがあるので、注意して乗り越えて進みます。

P2129853.jpg
牧場の真ん中でお昼にすることに。ここまで下ると風も弱くてやっとのんびり。景色がいいなぁ。

同じくらいの時間から登った人達と何度か遭遇し、ルートの話などしながらの下山。

ここの山は急な斜面も無いので、板が走らず、滑るのが楽しいというよりは、練習や景色がキレイという感じなのです。それでも誰も滑ってない場所を滑るのは気持ちいいけどね。

今回も色々勉強になったので、山スキーを経験したい人には、入口としておススメの山となっています。山頂は激寒いので、持ち物だけはしっかりとね。

また来て、色々経験してみよっと。
関連記事

 | ホーム |  »

プロフィール

kamidokozen


トップページ←はこちらへ


長野県長野市川中島にある美容室
髪処禅」の店主です。

大きな地図←はこちらからどうぞ

ご意見・ご感想・ご質問・ご提案などありましたら、
とっても嬉しいので下記からどうぞ。参考にさせて頂きますっ!
(ただし必ずしも全てにご返信できるわけではありませんのでご了承下さい、確実に目は通していますので)
kamidokoro-zen@amber.plala.or.jp


リンクはフリーですのでお気軽にっ。

ツイッター

検索フォーム

QRコード

QRコード