fc2ブログ

髪処禅のお気楽ブログ

美容室「髪処 禅」店主の仕事以外のことを書いているブログです。ゆる~く読んで頂けたら嬉しいですっ。

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06

京ヶ倉に登る

長野県は生坂村にある京ヶ倉(縦走して大城も)に登ってきました。

P5288984.jpg
登り口にはしっかり案内看板があり、よく分る。今回はおススメのルートになっていた京ヶ倉~大城~眠峠のコースにしてみよー。朝7時登り始める。

P5288988.jpg
山頂は990mと高い山ではなく、里山ですが、ちょこっとしたスリルもある山、木のはしごも4つほどあり、登る。

P5288994.jpg
30分弱で「おおこば見晴台」に出る。景色見るのが大好きっ子なのですよね。少し霞んでいて北アルプスがハッキリとは見えないがいい景色。

P5289001.jpg
赤松が多い山、新緑の景色が気持ちいいっ。

P5289007.jpg
山の稜線を歩く。少しだけ怖そうな場所もある(高所恐怖症ですけど、けっこうこの手の場所が好き)。

P5289008.jpg
稜線からの景色。北アルプス方面。

P5289013.jpg
その後も少しだけ岩を登る箇所もあり、里山なのだがお手軽に楽しめていい登山だね。

P5289015.jpg
はい、頂上。ここまで約1時間ちょい、先行していた3人組としばし雑談。山は知らない人とも簡単に仲良くなれるからいい。皆様色々な山に行っているようで、情報を交換。共通の趣味について話すのって楽しいよね。

アメとハッピーターンのプレゼントまで頂いて先へ進む。くれた人は(酒井が遭難しても)レスキューに「ハッピーターンを渡してあるので、暫く平気ですよ」と伝えてくれるとのことで、ありがたい。

P5289021.jpg
さらに縦走し、大城跡に出る。どんな城があったのだろうか?詳しくないけど、お城もけっこう好きなんですよね。

P5289023.jpg
下って行くと、物見岩へ。戦国時代に兵が見張りをした場所。

P5289024.jpg
そこからの眺め。眼下に下生坂草尾方面が見える。しばし見張り気分を味わう。

P5289026.jpg
どんどん稜線を歩くと、今度は反対側の筑北方面の展望台へ。

P5289027.jpg
太陽の方向なので、まぶしい。時間は8時50分。

P5289028.jpg
分岐の看板を見ながら、目的の下山口を目指す。ここの下山のほうがゆるやかで楽だね。

P5289036.jpg
ツツジが沢山咲いている場所もありましたよっ。

P5289038.jpg
9時20分眠峠の登山口に無事下山。予めここに自転車を捨てておいたので、あとはチャリで車へ向かう。上り口と歩くとけっこう離れているので。

P5289039.jpg
下り坂のチャリは気持ちがいい、イエィイ、イエィーーーイ、ヒャッホーーッイ。

P5289040.jpg
サルやイノシシが出られないようなゲートもある。鍵は無いので、開けたら閉めましょうっ。電気が流れている風だが、実際には電気なしのゲート。電気あるとけっこうビリビリするんだよね。

P5289041.jpg
19号線にでて、さらに車を目指す。登山口は19号から登るので、そこが大変でしたね。

P5289045.jpg
10時には無事車に戻る。遭難しなかったので、もらったハッピーターンを食べてから帰宅したのでした。

11時ちょい過ぎには店に顔を出す。半日かからないので時間を有効に使えていいなぁ。里山でも楽しかったので、近くに沢山あるからまた行ってみよーっと。













関連記事
スポンサーサイト



 | ホーム | 

プロフィール

kamidokozen


トップページ←はこちらへ


長野県長野市川中島にある美容室
髪処禅」の店主です。

大きな地図←はこちらからどうぞ

ご意見・ご感想・ご質問・ご提案などありましたら、
とっても嬉しいので下記からどうぞ。参考にさせて頂きますっ!
(ただし必ずしも全てにご返信できるわけではありませんのでご了承下さい、確実に目は通していますので)
kamidokoro-zen@amber.plala.or.jp


リンクはフリーですのでお気軽にっ。

ツイッター

検索フォーム

QRコード

QRコード