FC2ブログ

髪処禅のお気楽ブログ

美容室「髪処 禅」店主の仕事以外のことを書いているブログです。ゆる~く読んで頂けたら嬉しいですっ。

06<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08

柏崎の花火大会

なぜだか花火大会が大好きで、この時期になるとソワソワします。26日火曜日に柏崎の花火大会があったので、見に行ってきましたよ。

P7264547.jpg
車で現地まで行き、偶然見つけたいい感じの場所から見学。既に三脚をセットしてあり、やる気の現場です。

P7264551.jpg
まだ時間があったので、食材を求めて街中へ。花火会場近くのセブンは入場制限がかかっているのか?とんでもない列に。

P7264552.jpg
柏崎駅前からの通り。続々と人が流れてきます。

去年は電車で来て砂浜から見ていたのですが、帰りの電車の関係で最後まで見れずに悔しい思いをしたので、今回は秘策を用意。

それは、折りたたみ自転車を買ってしまったのだっ。これなら多少離れた場所に車を止めても、現地まではスイスイですし、帰りの渋滞に巻き込まれる時間も短くて済みそう。他の花火大会や、どこかの都市へ行く場合も持って出かければ、格段に行動力がアップなのです。とりあえずなんで、安物ですがちょい乗りだけなので、まあいいのです。もちろん今回も持参で、見物場所の丘から下って買い出しに来たのでした(帰りは登りだけど)。

P7264554.jpg
余裕こいていたら、時間ギリギリで見物場所に戻り、いよいよ花火スタートっ。

P7264555.jpg

P7264557.jpg

P7264573.jpg

P7264582.jpg

P7264585.jpg

P7264590.jpg


何と言っても柏崎の花火言えばコレ。でもやはりこの角度よりも去年見た場所のほうがいいかも。この場所も見晴らしが良くて綺麗でしたが。


参考までに去年のです。

今回、初めての事なのですが、花火を見てたらウトウトしちゃって、気がついたら寝てる時も(ビックリ)。でもしっかりと最後まで見れて、去年の気になりを解消してきましたよ。

やはり最後のは凄いなぁ、まだ行ける花火には、どしどし行ってみよ~っと。
関連記事
スポンサーサイト



唐松岳に登ってきたぞっ2

唐松岳山頂へ登頂後、少しのんびりしてから11:30に下山開始っ。P7254498.jpg
唐松岳頂上山荘がうっすら見えてました。

P7254503.jpg
その山荘までの区間で、特別天然記念物にもなっている長野県の県鳥である雷鳥を発見。子供を6匹ほど連れて歩いていたのだが、近くに寄っても全然逃げませんでした。子鳥がお尻プリプリして歩いていて、かわいいい。

P7254505.jpg
さて、さらにどんどん下っていくと、今度は登山中の子供達と遭遇。聞けば中学2年生、長野県民は学生の頃に必ず登山がありますからね。みんな元気いっぱいでしたよ。

もう少し下ったところで、お昼にしていたら急に雨が降ってきまして、ラーメンを作ろうとしていたのですが断念。ササっと食べてまた下山。

P7254519.jpg
山の天気は変わりやすく、下って来たら朝よりも景色が見えるようになってきた。八方池が見えてきたぞ。

P7254525.jpg
登りはガスだったので、寄らなかった八方池に13:45到着。

P7254536.jpg
さらにもう少し下るとトイレの小屋があるのだが、そこで振り返ってみると登ってきた唐松岳が見えました。やっと見えたぜ。

P7254539.jpg
さらに下るとリフトの最終地点が見えてきた、あともう少し。この辺は登山者ではなく、花を見に来ている人達も多くいて、賑やかでしたね。そして15:00八方池山荘へ到着。ここからはリフトとゴンドラで下ります。

P7254542.jpg
リフト下は花がキレイに咲いてまして、リフトの高さも冬に比べると、とっても低い位置で進んで行きます。花に足が当たる位の高さですね。しかし、高さ変えらるとは知らなかった。

P7254544.jpg
ゴンドラからは牛の姿も。やはり冬とは違うものだなぁ。

15:45分車に無事全員で到着。ハプニングもあったが、何はともあれ無事に帰ってこれてよかったよかった、天気が残念でしたが気になっていた山だったので行けてよかったです。

さて今度はドコに登ろうかな?

関連記事

白馬の唐松岳に登ってきたぞっ 1

25日、白馬の唐松岳に登ってきました。

P7254437.jpg
平日のこの日、朝7時よりゴンドラが運行開始。間違って別の情報から、実は1度5時半にココに到着してたりもしてますが…。

P7254441.jpg
ゴンドラを下りた場所はすでにガスっている。う~ん、ここからさらにリフトを2本登って行きます。冬の時期はよくお世話になる、白馬八方尾根のスキー場です。

P7254447.jpg
山頂のリフトを降りた地点、いよいよココから登山開始っ。ココまでは冬に来てはいるが、はやり夏はまた違ってみえますねぇ。7:30いよいよ登山開始っ。

P7254450.jpg
さて、今回は単独では無く、写真手前から、おばちゃん、母、父と自分の4人で登山。

P7254451.jpg
少し登ると、いきなり雪渓を見れました。

P7254458.jpg
さらに登っていくと、8:40、八方池に。ここが話に聞いていてた八方池かっ。思ったよりも小さくてビックリ。ここまではリフトを乗り継いで来れる為、軽い格好で来ている人もチラホラ、でも山なのでカッパなどは持っているといいと思いますよ。

P7254459.jpg
そして、いよいよここからは登山者のみの場所へ突入っ、相変わらずガスってますがね。

P7254461.jpg
途中、樹林帯を抜け、

P7254463.jpg
坂をひたすら登り、

P7254464.jpg
たまに、ガスが引いたも。

P7254468.jpg
そして、雪渓を登り切り(う回路あり)、

P7254472.jpg
10:15、丸山ケルンに到着です。

P7254474.jpg
ココに来たら、奇跡的にもガスもどいて、不帰の剣がよ~く見える。ここも険しいのですが、1度は挑戦してみたい場所リストに仲間入り。

ここまでに予定外の出来事がおばちゃんに起こったり、母も限界の感じなので、この先は父と2人で登る事に。

P7254477.jpg
登るとまたガス地帯に。

P7254479.jpg
景色が見えないのが残念だが、落ちるときっと危なそうな場所も。

P7254481.jpg
10:55、唐松岳頂上山荘到着。

P7254488.jpg
目指す唐松岳山頂がよく見える(瞬間も)。

P7254491.jpg
山頂まで、あと一息っ。

P7254493.jpg
11:20やっとこさ山頂に到着。

P7254496.jpg
山頂には沢山の人。ご飯食べたり、のんびり中だったりと様々。

P7254495.jpg
看板があり、ホントは景色が見えるのでしょうが、ホントに残念。登頂した喜びだけを感じて、下山へと向かったのでした、つづく。
関連記事

この夏に行きたい場所

日本で1番高い山は?と聞かれれば、答えはそう、富士山ですよね(3776m)。

ではでは、日本で2番目に高い山はドコでしょうか?

答えは、ココ

P7214427.jpg
長野県は南アルプスの北岳である(3192m)。

今年はこの北岳に行ってみたいと考えていまして、母の友達で山をずっとやっている方に、「地図を貸して」とお願いしていたのですが、地図以外にも資料を貸して下さいました。

去年は、標高が日本で3番目になる奥穂高へ登ったので、1,2,3は制覇したいのです。ついでに北岳から縦走して日本4番目の標高を誇る「間ノ岳」も一緒に制覇してみようと考え中(3189m)。

ただ、問題は時間。日帰りで行くには、限界まで急がないと間に合わなそうなので(それでも間に合わないか?)、できれば山小屋で1泊したいのです。そうなると2日は必要に。それ以外も夏は、海、川、花火や個人の用事諸々、仕事、と休みの日にやりたいことはつきません(どれも、自分次第なのだが)。

ホントはお盆前の時期がベストのようですが、行けても夏休み中かそれ以後に。なるべく早めに予定を考えて(ギリギリまで予定を立てない人間なので)、是非行けるようにしたいなぁ。

夏は暑くて好きな季節ではないのだが、その時期その時期にしか出来ないことをして、過ごすのが好きだったりもしているのですよっ。
関連記事

滝が好き

P7174389.jpg
17日の小布施マラソンに出まして、その後に汗を流すべく七味温泉へ行きました。お湯がとっても熱く、温泉臭がプンプンの湯ですが、標高が高いので夏でも入っていて気持ちがいいっ。

汗を流した後は、せっかくなので道中にある「雷滝」を見て帰る事に。

P7174391.jpg
この滝は歩いて滝の裏側を歩けるので、迫力があります。

P7174393.jpg
シブキも飛んできて、とっても気持ちいいっ。夏に来たのは初ですが、涼を感じまくりますね。

P7174396.jpg
実は滝がとっても好きなので、出先で看板を見つけては、時間があればちょこちょこ見ているのです。この滝は久々に見たのですが、いいですね~。車からも、ほんのちょこっと歩けば見れるのでおススメです。夏は涼しくて気持ちがよく、秋の紅葉も綺麗な松川渓谷なのでした。
関連記事

小布施見にマラソンに参加

第9回小布施見にマラソンに参加してきました。昨年走ってとても楽しかったので、今年もろくに練習もしてないのだが、走ってきましたよっ。

このマラソン大会は、町の人達がとっても歓迎してくれていて、公式の給水場だけでなく市民の方が、色々食べ物を出してくれたりもしていて、とってもいい感じ。

ゴリゴリのタイム勝負ではなく、ゆる~い感じの大会なのでいいのですよね。今回もデジカメを持って走っていて気が付けば80枚近く撮っていたので、写真を多く公開します。

P7174312.jpg
決められた駐車場から、シャトルバスで会場入り。

P7174313.jpg
手荷物を預け場。

P7174314.jpg
テレビ局の人にインタビューされていたりも。

P7174315.jpg
バナナ発見。

P7174316.jpg
頂き物1号。

P7174317.jpg
練習不足だが、せめて柔軟体操だけはしっかりと。

P7174323.jpg

P7174324.jpg
お客様夫婦を発見っ。

P7174325.jpg

P7174329.jpg
いよいよスタートです。

P7174330.jpg

P7174331.jpg

P7174332.jpg

P7174333.jpg

P7174334.jpg

P7174335.jpg
八方睨み図のある岩松院前を通過。

P7174336.jpg
野沢菜で塩分補給っ。

P7174338.jpg
夏でも出来る、スキーやスノボの練習場の前も通過。

P7174339.jpg

P7174340.jpg

P7174341.jpg

P7174343.jpg

P7174344.jpg

P7174345.jpg

P7174346.jpg

P7174348.jpg
このサクランボがかなり甘くて旨い。

P7174349.jpg

P7174350.jpg

P7174351.jpg

P7174352.jpg

P7174353.jpg

P7174354.jpg

P7174355.jpg
自己責任のワイン。結局白2杯、赤2杯頂いちゃいました。

P7174356.jpg

P7174357.jpg
この奈良漬けは、激ウマで4切れ程頂いてしまった。

P7174358.jpg

P7174359.jpg
非売品のガリガリ君ミニサイズ。

P7174360.jpg

P7174362.jpg

P7174363.jpg

P7174364.jpg

P7174365.jpg
右ひざが痛くなり、走れなくなる。氷を入れて冷やし、早歩きでゴールを目指す。
P7174366.jpg

P7174367.jpg

P7174369.jpg
ハイウェイオアシスに戻ってきて、ゴールはスグそこに。

P7174372.jpg
やっとこさゴール。

P7174376.jpg

P7174377.jpg

P7174378.jpg

P7174379.jpg

P7174381.jpg
スイカが旨い、かなりの量をパクパクと。

P7174383.jpg
選手でない、応援の人達も無料でスイカなどを食べれるのです。

P7174385.jpg
最後は水浴びをして、終了。


10キロまでは約1時間といいペースだったのだが、その後、股関節が痛くなり、右ひざ横のスジが痛くなりで結局最後は歩きまして、完全に練習不足(筋力不足か)。でもタイムトライアルを重視よりも、楽しむこと重視だったのでいいのですが、来年は痛くならないともっと楽しいかな。

かなりの暑さの中での大会でしたが、小布施マラソン楽しかったです。
関連記事

やっと来た

小布施見にマラソンに今年も出場するのだが、その書類がようやく到着。こんどの17日が大会本番っ。

DSC_0073.jpg
時間や、コースの地図が入っている。

実は去年も小布施見にマラソンに出てまして、とっても楽しかったんですよね。なので今年も参加をしてみることに。年々人気になり、今年の申し込みを、たまたま1月にしたのだが、その後少しでエントリーが人数に達したので終了だったようで。

その昔長野マラソンにでて完走もしているのだが、それよりも気楽な小布施マラソンは、とっても楽しかったのまたエントリー。

マラソン自体が好きって人間でなくて、その歓迎や雰囲気などが好きなのが自分なので、タイムや成績は二のつぎ、三のつぎ。さらに、ほぼ走り込みもしてないので、また膝が痛くならなきゃいいけど。

ま、楽しんでやってきますね。
関連記事

 | ホーム |  »

プロフィール

kamidokozen


トップページ←はこちらへ


長野県長野市川中島にある美容室
髪処禅」の店主です。

大きな地図←はこちらからどうぞ

ご意見・ご感想・ご質問・ご提案などありましたら、
とっても嬉しいので下記からどうぞ。参考にさせて頂きますっ!
(ただし必ずしも全てにご返信できるわけではありませんのでご了承下さい、確実に目は通していますので)
kamidokoro-zen@amber.plala.or.jp


リンクはフリーですのでお気軽にっ。

ツイッター

検索フォーム

QRコード

QRコード